預金口座の不正利用に関する情報提供の際の留意事項



 預金口座の不正利用に関する情報提供の場合は、「ご意見・ご要望・情報提供」及び「預金、融資(含む貸金業)」を選択の上、以下の点につい てご記載いただきますようお願い致します。


(1)   情報提供者の氏名(フリガナ)、住所
 例:弁護士 金融 太郎 キンユウ タロウ
  〒 100-8967 東京都千代田区霞が関3−2−1

(2)   被害にあわれた(あいそうになった)方(以下「被害者」という。)の氏名(フリガナ)・住所(又は事業者の名称・住所)及び被害の状況等
 例:東京 太郎 (トウキョウ タロウ)
   〒 100-8967 東京都千代田区霞が関3−○−○
   覚えのない債務(20万円)についての請求があった。

(3)   不正利用している者に関する情報
①不正利用している者の名称 ②連絡先 ③金融機関名 ④支店名 ⑤預金種別
⑥口座番号 ⑦名義人の名前(フリガナ)
 例:××商事 〒 100-8967 東京都千代田区霞が関○−△−×
   ○○銀行△△支店 普通預金 1234567
   日本 太郎 ニホン タロウ

(4)   情報提供についての同意
①情報提供者と被害者が同一の場合

    上記(1)〜(3)の情報について、金融庁から警察当局への情報提供についての同意(既に警察当局に情報提供を行っている場合や警 察当局への情報提供について同意が得られない場合には、当庁から警察当局に情報提供を行っておりません。)

 例:   私は、上記(1)〜(3)の情報について、金融庁から警察当局へ情報提供することに同意します。

      ②情報提供者と被害者が異なる場合

    上記(1)〜(3)の情報を(ア)〜(ウ)へ提供することに関する被害者からの同意の有無
 (ア)金融庁への情報提供
 (イ)金融庁から金融機関への情報提供
 (ウ)金融庁から警察当局への情報提供

 例:   上記(1)〜(3)の情報を(ア)〜(ウ)に提供することについて、被害者から同意を得ています。

(注1) 被害者からの同意がない場合には、金融機関・警察当局に情報提供を行っておりません。

(注2) 既に警察当局に情報提供を行っている場合には、当庁から警察当局に情報提供を行っておりません。

(5)   警察への連絡の有無
 例:4月20日 ○○警察署△△課に連絡済

(注)   預金口座の不正利用に関する情報について金融機関・警察当局に情報を提供する際に上記(1)〜(5)の項目が必要となりますので、記載をお 願いしております。
 (3)及び(4)の項目は必ずご記載ください。


  入力画面へ戻る