令和2年8月7日

証券取引等監視委員会

「開示検査事例集」の公表について


 証券取引等監視委員会は、令和2年度版の「PDF開示検査事例集(PDF:2,968KB)」を取りまとめましたので、公表します。
 
 「開示検査事例集」は、適正な情報開示に向けた市場関係者の自主的な取組みを促す観点から、証券取引等監視委員会による開示検査の最近の取組みや開示検査によって判明した開示規制違反の内容、その背景・原因及び是正策等の概要を取りまとめたもので、毎年公表しています。
 
 今般公表しました令和2年度版の「開示検査事例集」では、新たに、令和元年7月から本年6月までの間に開示検査を終了し、開示規制違反について課徴金納付命令勧告を行った事例、課徴金納付命令勧告は行わなかったものの、開示規制違反の背景・原因について会社と共有した上で、適正な情報開示に向けた体制の整備等を促した事例等について、その概要をご紹介しています。また、大幅に増設した「監視委コラム」では、開示実務において参考にしていただけるよう、最近の開示検査を通じてクローズアップされた開示制度や会計基準のほか、不正会計の実態等について解説しています。
 
 この「開示検査事例集」を通じて、上場会社、会計監査人や投資家の皆さんに、開示規制違反の手法、背景・原因等や証券取引等監視委員会の取組みについてご理解いただいた上で、上場会社とその会計監査人である公認会計士・監査法人とのコミュニケーションや上場会社とその投資家の皆さんとの対話を活発に行っていただくことによって、適正な情報開示が積極的に行われることを期待しています。

 

 過去の課徴金事例集はこちら

サイトマップ

ページの先頭に戻る