English version新しいウィンドウで開きます 
平成30年11月27日
証券取引等監視委員会

株式会社スリーエフとの契約締結交渉者の社員から情報を受領した者による内部者取引に対する課徴金納付命令の勧告について

 

1.勧告の内容
 

証券取引等監視委員会は、株式会社スリーエフとの契約締結交渉者の社員から情報を受領した者による内部者取引について検査した結果、下記のとおり法令違反の事実が認められたので、本日、内閣総理大臣及び金融庁長官に対して、金融庁設置法第20条第1項の規定に基づき、課徴金納付命令を発出するよう勧告を行った。

  • 2.法令違反の事実関係

    課徴金納付命令対象者は、株式会社ローソン(以下「ローソン」という。)に勤務していた者であるが、同社の社員甲から、株式会社スリーエフ(以下「スリーエフ」という。)の業務を執行する機関が会社の分割を行うことについての決定をした旨の重要事実の伝達を受けながら、前記重要事実の公表がされた平成29年4月12日より前の同年1月26日から同年4月4日までの間、自己の計算において、スリーエフ株式合計6700株を買付価額合計202万5000円で買い付けたものである。
     前記重要事実は、スリーエフと事業統合契約の締結の交渉をしていたローソンの他の社員乙が同契約の締結の交渉に関し知り、その後、同社の社員甲がその職務に関し知ったものである。

     違反行為事実の概要については、別図のとおり。

     課徴金納付命令対象者が行った上記の行為は、金融商品取引法第175条第1項に規定する「第166条第1項又は第3項の規定に違反して、同条第1項に規定する売買等をした」行為に該当すると認められる。

  • 3.課徴金の額の計算

      上記の違法行為に対し金融商品取引法に基づき納付を命じられる課徴金の額は、113万円である。

     計算方法の詳細については、別紙のとおり。

  • 4.その他

      本件については、日本取引所自主規制法人より提供された情報も参考として、実態解明を行ったものである。


(別図)

○違反行為事実の概要について

違反行為事実の概要について
(クリックすると拡大されます)

(別紙)

  • 〇課徴金の額の計算について

    (1) 金融商品取引法第175条第1項第2号の規定により、当該有価証券の買付けについて、業務等に関する重要事実の公表がされた後2週間における最も高い価格(472円)に当該有価証券の買付けの数量を乗じて得た額から当該有価証券の買付けをした価格にその数量を乗じて得た額を控除した額。

    (472円×6,700株)
    -(301円×2,900株+302円×2,300株+304円×600株+305円×700株+308円×200株)
    =1,137,400円

    (2) 金融商品取引法第176条第2項の規定により、上記(1)で計算した額の1万円未満の端数を切捨て。
     

サイトマップ

報道・広報ページ一覧を開きます
報道発表の一覧
金融商品取引業等関係
不公正取引関係
開示規制違反関係
年次公表等
証券監視委
について
証券監視委の
取組み
ページ一覧を開きます
市場分析審査
証券検査
裁判所への申立て
取引調査
開示検査
犯則調査
金融庁長官等への建議
海外当局との連携
講演・寄稿等
基本指針・
マニュアル等
採用情報
証券監視委メール
マガジン(配信サービス)

ページの先頭に戻る