平成24年6月14日
金融庁

オックスフォード・レポート「日本の経済社会に対するIFRSの影響に関する調査研究(The Impact of IFRS on Wider Stakeholders of Socio-Economy in Japan)」の公表について

我が国においては、国際会計基準(以下「IFRS」)のあり方について、企業会計審議会において検討を行っています。

企業会計審議会における検討においては、IFRSの導入が我が国経済社会にどのような影響を及ぼすか、影響がどの程度かということを踏まえて具体的な方向性を検討することが、主要な論点となっています。我が国経済社会に対するIFRSの影響について、早急に広範囲な調査を行う必要があるため、オックスフォード大学トモ・スズキ常任・終身教授に調査研究を委託しました。

報告書については、こちら(要約(PDF:467KB)要約(英語版)(PDF:253KB)本文(PDF:3,116KB))をご覧下さい。

お問い合わせ先

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)
総務企画局企業開示課(内線3656、3887)

アドビ社のサイトへ
PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Reader日本語版が必要です。
お持ちでない方は、上のボタンをクリックし、手順に従い最新のソフトをダウンロードしてご覧ください(新しいウィンドウで開きます)。