英語版はこちら新しいウィンドウで開きます

渡辺内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要

(平成20年4月18日(金)9時30分~9時40分 場所:金融庁会見室)

【大臣より発言】

おはようございます。どうぞ。

【質疑応答】

問)

Jパワー(電源開発)の問題ですが、今週外為法審議会(関税・外国為替等審議会)の方の意見を受けて政府の方がTCI(ザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド)の株買い増しについて中止するよう勧告しました。理由としては原子力発電所の建設に影響があること等を挙げて公の秩序の維持が妨げられる恐れがあるというふうにしていますが、大臣は常々、「市場の納得が得られる説明を」ということをおっしゃっておりましたけれども、今回こういう決定方針については、市場が腑に落ちたと言いますか、納得する説明だったかどうかについて、どういうお考えでいらっしゃいますでしょうか。

答)

まず、いつも申し上げるように、この問題は財務大臣、経済産業大臣のところでご判断される問題でありますので、私は埒外(らちがい)に置かれているわけです。したがって、一般論としていつも申し上げますように、両方の要請、例えば、事業の公共性の程度に応じた公的規制と、我が国金融・資本市場の競争力強化・活性化、こういうこととの整合性をどう取っていくかという問題です。我が国が閉ざされた国であるという印象を持たれるのは非常によくないということを申し上げてきました。対内投資のルールというものが整合的な形で進められていくことが大事だと思います。

今回、報道や公表資料で見る限り、TCI(ザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド)について、株主価値を高めるために短期的な視点から経営改善を求めるケースが多いと、そういうことから長期的視点の求められる電力の供給や原子力政策などに影響を与えるおそれがあると、こういう論点かと思います。こういうことが、では国内ファンドだったらどういう理屈がつくのかという点はまだ明らかになっていないような気がします。したがって、この問題はここで終わったわけではなかろうと思いますので、引き続き腑に落ちる説明をしていただくことが大事かと思います。

問)

ゆうちょ銀行が1,000万円の預入限度額の撤廃というのを求めていますが、銀行業界の方はかなり慎重意見の方が強いかなと感じますが、民営化委員会での審議もあると思いますが、この件について大臣のご所感をお願いします。

答)

これは認可事項ということではなくて、政令改正要望という形でゆうちょ銀行の方からきております。一般論として申し上げれば、民営化当初というのは日本郵政公社の時代と同様の業務範囲になるようにするという前提がございます。そして、移行期間中においては、民営化委員会の意見を聴取した上で、他の金融機関とのイコールフッティングの状況、それからゆうちょ銀行の経営状況を勘案しながら、段階的に緩和をしていくということになります。当然、移行期間終了後は業務範囲の制限を撤廃するという規定です。ゆうちょ、かんぽ事業が民間金融システムの中に混乱を起こすことなく、上手に溶け合っていくということが大事であります。日本の金融システム全体としての安定と活性化と利用者の利便性向上に資することが大事だと思います。

問)

Jパワーですが、大臣は中止勧告という判断そのものの妥当性についてはどのようにお考えでしょうか。

答)

それは経済産業大臣、財務大臣のところでご判断されることであって、私は埒外におかれているということを申し上げたとおりでございます。

問)

引き続き腑に落ちる説明が大事ということで、国内ファンドであればどのような理屈がつくのか明らかになっていないという話でしたが・・・。

答)

今回は国内ファンドの問題ではないのでそのような説明はないのだと思います。引き続きこのような疑問に対しては、腑に落ちる説明をしていただきたいということです。

問)

公務員制度改革なのですが、民主党が政府の国家公務員制度改革基本法案への対案を固めたのですが、内閣による幹部の一元管理、天下りの斡旋(あっせん)禁止などを盛り込んでいますけれども、その対案への評価をお聞かせください。

答)

基本的な方向性は全然違わないのではないかと思います。理念においては、まさしく我々の考えと極めてよく似通っていると思います。本来あるべき姿の議院内閣制を支える公務員制度を作っていこうということや、公務員の世界に優秀な人材が集まるように、そして彼らが誇りを持って働けるようにという観点から言うと、ほとんど同じとすら言ってもおかしくない案だと思います。細かいところでいくつか論点が分かれているところがあろうかと思いますけれども、このようなことは話し合っていけば建設的な結論は出していただけるのではないでしょうか。

問)

現時点で政府との修正協議の可能性というのはどうでしょうか。

答)

我々としては修正ありきということではなく、まず国会に提出してありますので、国会の論戦、質疑を早く始めていただきたいと思っています。今日も総理にこのことをご報告いたしております。4月4日に閣議決定をして、その日のうちに国会に提出をしたわけです。もう2週間経つわけです。2週間経っても未だに吊るしを下ろしていただけていない状況ですから、このことを総理にはご報告をいたしました。早く国会の質疑を始めていただくように、引き続き、関係各位にはお願いをしてまいりたいと思います。

問)

総理は大臣の報告に対して何かおっしゃったのでしょうか。

答)

報告をしただけでありますから、特段のコメントはございません。

問)

今日、閣議の後に総理とお会いになったと伺ったのですが、それは今おっしゃったことを報告されたということでしょうか。

答)

そうです。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る