麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要

(平成29年1月27日(金)8時39分~8時44分)

【質疑応答】

問)

安倍首相と米国のトランプ大統領の首脳会談の最終調整が進んでいます。首相は大臣の同行も想定されているようです。トランプ大統領がTPP離脱を表明したり、対日貿易赤字を問題視したりしていますけれども、首脳会談では米国との間でどのような議論がなされることを期待されますでしょうか。

答)

日米関係に関して、戦後70年間で最もよい関係がこの数年、第2次安倍内閣以降でき上がっているように思います。これをさらに強固なものにしていくということで、南シナ海、東シナ海、いろいろありますので、そういったものを含めてきちんとしていく。あとは貿易等の話が出てくるのだと思いますが、アメリカの貿易赤字の50%ぐらいは中国だったでしょうか。アメリカとの貿易赤字がプラザ合意の年ですから1985年、1ドル240円だった時代に日本の対米黒字というのが、アメリカの対外貿易赤字の約4割近くあったと思いますけれども、今は1割ないと思います。随分時代が変わっているのだと思っています。あの時代と比べて、アメリカの中で自動車をつくって、アメリカ製の日本車がメキシコ、カナダに輸出されているというようなこともあります。また、進出日系企業が雇用しているアメリカ人の数というのは、80万人ぐらいだと思いますので、昔とは全然違うし、中国に対しては、日本の5~6倍の赤字だと思いますけれども、雇用は何万人いるのでしょうか。あまり多くないと思います。アメリカにもきちんとそういった現状を話したりすることが大事で、お互いに今の日米関係における現状というものを正しく意見交換ができる、その上できちんとした関係をつくり上げるというのは大事なのだと思います。

問)

昨日ホワイトハウスの報道官がメキシコから米国に対する輸出物に20%の関税をつけるというアイデアを出したのですけれども、これは日系企業が結構メキシコにも進出していますし、トヨタとか日産とかの輸出物が課税対象になる可能性もあるのですけれども、それについて大臣はどう思われるのか。それに関してアメリカを訪問するときにペンス副大統領とかムニューチン氏と話すときにはそれに対して抗議するつもりでしょうか。

答)

テキサス州からメキシコに輸出している額というのは今幾らになっているでしょうか。メキシコへアメリカのテキサス州から輸出しているぶんだけで、多分テキサス州の輸出の最大相手はメキシコになっていないでしょうか。 それだけで一方的な話になるのでしょうかという感じはします。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る