英語版はこちら新しいウィンドウで開きます

麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要

(平成29年3月3日(金)9時50分~9時56分)

【冒頭発言】

金融商品取引法の一部を改正する法律案と銀行法等の一部を改正する法律案が今日閣議決定しています。例のフィンテックとか、いわゆる情報通信技術の急速な進展等に対応するためのものであり、早期に御審議をお願いしたいと考えております。詳細については昼過ぎにでも事務方より説明させます。

【質疑応答】

問)

トランプ米大統領がさきの施政方針演説で大型のインフラ投資等による景気刺激策を改めて打ち出しました。日米経済対話では、金融・財政のあり方も議題になると思いますが、米側から日本側に財政出動等での連携を求められる可能性も指摘されています。改めて経済対話に臨む姿勢をお聞かせください。

答)

エコノミック・ダイアログということにしていますので、経済政策とかインフラとかエネルギーでの協力とか、あとは貿易・投資ルールについて議論していくことになるのですが、まだ向こうも体制が整っていませんから、内容等については、今後、日米間で調整するということにしています。いずれにしても、エコノミック・ダイアログにおいては、日米で、自由で公正な貿易投資等のルールというものを作って、それを世界に広げていくというのが日米でやらなくてはいけない一番大きな仕事だと思っていますので、建設的な議論をしていきたいと考えています。

問)

大阪の森友学園の土地売却について伺います。昨日おとといぐらいから政治の関与ということがいろいろ話題になっていて、財務省としては、国会の答弁等で政治家に説明することもあるということも含めて説明されているわけですけれども、政治の関与の有無について、まず現状どういうふうに大臣御認識なのかということと、こうした政治が土地売却、国有地売却に関わることについて、国民から疑念が寄せられているわけですけれども、そうした今の現状についての御所感をお聞かせください。

答)

代議士という仕事をやっていれば、その地域にあって、その地域のいろいろな国有地の払い下げとか、いろいろな陳情が来る、それを聞かなければ代議士というのは何のためにいるのだか、いろいろな話は土地に限らずいろいろきますから、そういう話を聞く。そしてそれを近畿財務局か、大阪航空局かにつないでやる、これは普通のことであって、別にそれをするのが仕事の1つなのだと思いますので、そのことに関しては別に言うことは、感じません。この土地がどうして安くなっていたかというのは、地下にこれまでの経緯から沼地みたいになっていて、物がいっぱい捨ててあったので、それがどんどん出てくれば、当然その土地の値段が安くなる、当然のことなのだと思います。それをきちんと正当に評価して、不動産鑑定士等も入れて評価した額というので出てくるのではないでしょうか。その手続きに関して瑕疵はなかったと思いますから。特に私共として、財務省としては近畿財務局と大阪航空局との間にでき上がった話であれば、それに対して、その手続きに瑕疵がなければ、私共としては、それを承認するという立場です。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る