麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要

(平成29年8月8日(火)10時29分~10時32分)

【質疑応答】

記者)

北朝鮮に対する石炭・鉄鉱石の全面禁輸が盛り込まれた新たな国連安保理の制裁決議が採択されましたが、大臣の御所見とそれから政府として新たな独自制裁の余地があるのかないのか、その辺の考えをお願いします。

大臣)

これは石油等いろいろあったのですけれども、これまでも何回かあった分を更に強化するということが前々から言われて最終的に採択され、資金とかいろいろな物資の流れ等の規制を激しくする、厳しくするということになったということは、日本としては高く評価すべきものだと思っています。
今後更にどうしていくかということについては、金融とかほかにもいろいろありますので、政府全体として更にいろいろなことをやっていけるものがあるのかということは、今後検討していかなければいけないということです。

記者)

内閣改造から間もなく1週間経ちますが支持率も若干上がってきている部分はあると思うのですけど。

大臣)

社によって随分違うのではないですか。あなたのところはどれぐらい上がりましたか。

記者)

3ポイントです。

大臣)

一番上がっているところは。

記者)

一番上がっているところは9ポイントです。

大臣)

一番上がってないところは。

記者)

一番上がっていないところは2ポイントだそうです。現状どのように思われていますでしょうか。

大臣)

普通、内閣改造があってそんなに支持率が上がるのでしょうか。今までで内閣改造やって支持率が急激に上がったという例を私はあんまり知らないのですけれども。それに比較すれば結構7ポイントとか8ポイントとか上がっているところもあるそうですから、そういった意味では結構上がっている方ではないかと思いますけど。どうして上がったのかはわかりません。

記者)

何か課題というか、今後どうあるべきみたいなことはありますか。

大臣)

課題というのは、もう内閣として与えられている仕事、我々がやらなくてはならない仕事というのは経済でずっとやってきています。いわゆるデフレ不況からの脱却というのは最初から、5年前から言ってきて、それを確実にデフレ状況ではなくなりつつあるというところまで来たと思っていますけれども、更にそれを進めていかなくてはいかんというのは今までどおりだと思います。仕事をきちんとすることです。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る