平成25年11月15日

公認会計士・監査審査会

平成25年公認会計士試験における試験問題の誤記及びその取扱いについて

  • 1.第I回短答式試験における問題誤記

    平成24年12月9日に実施した平成25年公認会計士試験第I回短答式試験(財務会計論)において、以下の試験問題の誤記がありました。

    財務会計論「問題3」における記号「オ」の文中、「2011年3月期」は「2010年3月期」の誤記であることが、短答式試験実施後に判明しましたが、当該誤記が解答に影響を与えたものとは認められないことから、特段の措置は行わないことといたしました。

  • 2.論文式試験における問題誤記

    平成25年8月24日に実施した平成25年公認会計士試験論文式試験(会計学)において、以下の試験問題の誤記がありました。

    会計学(午前)第2問「問題2」の問題文中、「製品Y一個」は「製品Y一台」の誤記であることが、論文式試験実施後に判明しましたが、当該誤記が解答に影響を与えたものとは認められないことから、特段の措置は行わないことといたしました。

試験問題に誤記があったことを心からおわび申し上げます。今後の出題に当たっては、細心の注意を払い、万全な体制を整えてまいります。

【お問い合わせ先】

公認会計士・監査審査会事務局

総務試験室

03−5251−7295