竹中内閣府特命担当大臣(金融、経済財政政策)記者会見要旨

(平成16年9月17日(金) 10時31分~10時36分 金融庁会見室)

1.発言要旨

おはようございます。

閣議がございました。

閣議、閣僚懇を通じまして、私の担当で特に御報告することはございません。

2.質疑応答

問)

来年度の税制改正で、定率減税の縮小、廃止が焦点の1つになると思うのですけれども、景気との兼ね合いから考えて、大臣はどのようにお考えになっていますでしょうか、お考えを。

答)

この問題は、諮問会議でもこれから議論することになりますので、今の段階で私の個人的な意見を申し上げることは差し控えさせていただきたいと思います。

ただ、税制に関しては、先行減税を行っている部分もあります。それを含めてトータルとしてどのように改正を実現していくのか。民間議員からはかねてより、法人税率の問題そのものを議論したいという声もありますから、そういう点も含めてトータルに議論をしていくことが必要だと思います。

問)

シティバンクの在日支店に対して、証券取引等監視委員会から行政処分などを行うよう求める勧告が出ていますけれども、各社の報道の中で、近く業務改善命令ないしは一部業務停止命令のようなものが出ると報じられていますが、大臣はどのように対処されていくとお考えなのでしょうか。

答)

報道は承知しておりますけれども、個別の銀行に対する行政の対応、処分の話についてのコメントは控えさせていただきます。基本的には、我々が行っている検査等々に基づいて、法令に則って適正に対処していくということに尽きると思っております。

問)

もう1点、毎回同じ質問で恐縮なのですけれども、UFJなのですが、また近く告発という一部報道がありますけれども、今の検討状況ないし現状をどういうふうにお考えなのでしょうか。

答)

これも、報道は承知しておりますけれども、もう何回も申し上げていますように、我々は4つの視点を踏まえて、法令に則って適正に対処していく、そのために検討を行っている、その状況に変わりはありません。

問)

また所管外のことで大変恐縮なのですけれども、プロ野球の件についてなのですが、2つありまして、ライブドアに続いて、楽天がまた新規参入に向けた動きを見せているのですけれども、こういう動きについて、大臣個人としてどういうふうにお考えになるかということが1点と、あと、昨日の協議の中で、新規参入は2006年以降だというふうに経営側は言っているのですけれども、こういうことを受けて、明日のストライキなども色々想定はされるのですが、こういう一連の展望について、大臣の感想というか、お考えについてお聞かせいただければと思うのですが。

答)

ライブドア、楽天、個別にどうだこうだという情報も、十分私は持っておりません。その意味で、細かいことをコメントできる立場にはありませんけれども、ファンとしての基本的な認識は、以前から申し上げているように、これまで日本のプロ野球というのは拡大すべき時期に拡大政策をとってこなかった。そうこうしているうちに、大リーグという強力なライバルが現われて、短期的にリストラクチャリング、ある程度の戦線縮小と体制の立て直しをせざるを得ないという状況になっている。私は、個人的にはこれはこれでやらざるを得ないのだろうと思います。同時に、日本のプロ野球は潜在的な発展力を持っていますから、ルールを決めて、年限を決めて、将来的には新規参入を積極的に認めていく、しかし、その際にはきちっと競争していただく、そういうルールを作ることが重要なのだと思います。だから、今の状況で、色々な立場で色々な思いが皆さんあると思いますが、そういうルールをきちっと作って、全体として発展していけるようにするのが一番良いのではないでしょうか。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る