平成24年5月18日
金融庁

バーゼル銀行監督委員会による「金融システムと実体経済の波及経路の政策的含意」および「マクロ・プルーデンス分析のためのモデルと手法」の公表について

バーゼル銀行監督委員会は、5月15日、「金融システムと実体経済の波及経路の政策的含意」(原題:The policy implications of transmission channels between the financial system and the real economy)および「マクロ・プルーデンス分析のためのモデルと手法」(原題:Models and tools for macroprudential analysis)と題するワーキング・ペーパーを公表しました。

詳細につきましては、以下をご覧ください。

  • 「金融システムと実体経済の波及経路の政策的含意」(PDF原文新しいウィンドウで開きます
  • 「マクロ・プルーデンス分析のためのモデルと手法」(PDF原文新しいウィンドウで開きます

以上

お問い合わせ先

金融庁 Tel:03-3506-6000(代表)
総務企画局総務課国際室(内線3190)

アドビ社のサイトへ
PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Reader日本語版が必要です。
お持ちでない方は、上のボタンをクリックし、手順に従い最新のソフトをダウンロードしてご覧ください(新しいウィンドウで開きます)。