平成24年3月30日
金融庁

「企業内容等の開示に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」等に対するパブリックコメントの結果等について

1.パブリックコメントの結果

金融庁では、「企業内容等の開示に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令(案)」等につきまして、平成24年2月29日(水)から平成24年3月21日(水)にかけて公表し、広く意見の募集を行いました。

その結果、5の個人及び団体より延べ11件のコメントをいただきました。本件についてご検討いただいた皆様には、ご協力いただきありがとうございました。

本件に関してお寄せいただいたコメントの概要及びそれに対する金融庁の考え方はこちら(PDF:79KB)を御覧ください。

2.改正の概要

  • (1)企業内容等の開示に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令

    有価証券届出書及び有価証券報告書の記載内容を以下のとおり改正します。

    • 「役員の状況」において、役員が社外取締役又は社外監査役に該当する場合には、その旨を欄外に注記する。

    • 「コーポレート・ガバナンスの状況」において、社外取締役又は社外監査役の提出会社からの独立性に関する基準又は方針の内容(ない場合はその旨)を記載する。(従来の開示ルールの明確化)

  • (2)企業内容等の開示に関する留意事項について(企業内容等開示ガイドライン)の一部改正

    従来、「コーポレート・ガバナンスの状況」において、社外取締役及び社外監査役と提出会社との利害関係について記載されている点につき、

    • 社外取締役又は社外監査役が他の会社等の役員若しくは使用人である、又はあった場合における当該他の会社等と提出会社との利害関係が含まれること

    • 上記の記載においては、金融商品取引所が開示を求める社外役員の独立性に関する事項を参考にすることができること

    に留意することとします。

3.公布日等

本件の内閣府令は本日付で公布・施行されています。なお、改正後の規定は平成24年3月31日以後に終了する事業年度を最近事業年度とする有価証券届出書及び当該事業年度に係る有価証券報告書から適用されます。具体的な改正内容については別紙をご参照ください。

お問い合わせ先

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)

総務企画局企業開示課(内線3665)

アドビ社のサイトへ
PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Reader日本語版が必要です。
お持ちでない方は、上のボタンをクリックし、手順に従い最新のソフトをダウンロードしてご覧ください(新しいウィンドウで開きます)。