平成26年6月30日
金融庁

保険会社に対する統合的リスク管理態勢ヒアリングの実施とその結果概要について

保険会社を取り巻くリスクが多様化・複雑化している中、将来にわたる財務の健全性を確保するため、規制上求められる自己資本等の確保に加え、統合的リスク管理態勢の整備・高度化を図ることが重要な課題となっています。

こうした中、保険会社自らが現在及び将来のリスクと資本等を比較して資本等の十分性評価を行うと共に、リスクテイク戦略等の妥当性を総合的に検証するORSA(Own Risk and Solvency Assessment)プロセスを文書化し、監督当局に報告する制度の導入準備が国際的に進んでおり、金融庁においても、導入に向けて検討を進めているところです。

今般、金融庁では、試行的に保険会社に対してORSAのプロセスを文書化したORSAレポートの作成・提出を求めると共に、ヒアリングを実施し、その結果を以下のとおり取りまとめましたので、公表します。

お問い合わせ先

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)
監督局保険課
(内線3851、3771)

アドビ社のサイトへ
PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Reader日本語版が必要です。
お持ちでない方は、上のボタンをクリックし、手順に従い最新のソフトをダウンロードしてご覧ください(新しいウィンドウで開きます)。