平成25年9月6日
金融庁

平成24年度有価証券報告書レビューの実施結果について

金融庁は、有価証券の発行者が提出する有価証券報告書の記載内容について、より深度ある審査を行うため、平成24年3月30日に「有価証券報告書の作成・提出に際しての留意事項と有価証券報告書レビューの実施について」を公表し、財務局等と連携して、「法令改正関係審査」、「重点テーマ審査」、「情報等活用審査」を柱とした有価証券報告書レビューを実施しています。

この度、平成24年度の実施結果を取りまとめましたので、別紙(PDF:80KB)のとおり公表します。

(概要)

  • 法令改正関係審査: 平成24年3月31日を決算期末とするすべての有価証券報告書の提出会社(計2,818社)に対して、法令改正に関する審査を実施した結果、概ね新たな開示制度への対応がなされていることが確認されました。
  • 重点テーマ審査、情報等活用審査: 平成24年3月31日から平成25年3月30日までを決算期末とする有価証券報告書の提出会社(4,042社)のうち、一定の条件に該当する会社(328社:重点テーマ審査319社、情報等活用審査9社)に対して、審査を実施しました。この結果、概ね適切な開示がなされていることが確認されたものの、一部の会社において、のれんの計上・減損損失等に関する不明瞭な記載や、関連当事者取引に関する記載漏れ等、適切な開示がなされていない事例が確認されました。

お問い合わせ先

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)
総務企画局企業開示課開示業務室
(内線3666、2769)

アドビ社のサイトへ
PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Reader日本語版が必要です。
お持ちでない方は、上のボタンをクリックし、手順に従い最新のソフトをダウンロードしてご覧ください(新しいウィンドウで開きます)。