平成28年4月20日
金融庁

義援金等を装った詐欺にご注意!
<平成28年熊本地震関連>

平成28年(2016年)に発生した熊本地震による被害は、熊本県熊本地方を中心に大規模かつ広範に及んでおり、被災者の皆様には心よりお見舞いを申し上げます。

被災地の復興に向けた義援金の募集が活発となる中で、平成23年の東日本大震災の際には、義援金の募集を装った振り込め詐欺等が多数認められており、今回の熊本地震においても同様に、皆様の善意に乗じた卑劣な犯罪が発生する恐れがあります。義援金等を装った詐欺に遭わないよう、十分にご注意ください。

【過去の災害・震災時に発生した詐欺の具体的な事例】

  • 有名なボランティア団体を名乗り、電話やFAX等を用い、当該団体の募金口座と異なる口座に義援金を振り込ませようとする。

  • 公的機関と紛らわしい名称をかたって電話をかけ、「災害支援」を謳い文句に義援金を募集し振り込ませようとする。

【被害に遭わないために】

義援金を振り込む前に、振込先がテレビ・新聞等で公表している口座番号・名義情報と同一であるかを確認するなど、真正な団体による募金なのか、また信用できる団体なのか十分にご確認下さい。

少しでも不審に思ったら、警察(全国共通の短縮ダイヤル「#9110」、最寄りの警察本部・警察署)や金融庁金融サービス利用者相談室(0570-016811(IP電話からは03-5251-6811))等に情報提供・相談をお願いいたします。

(参考リンク)

お問い合わせ先

金融庁 Tel:03−3506−6000(代表)

監督局総務課(内線3402、3311)

銀行第1課(内線3323、3324)

銀行第2課(内線3365、3367)

協同組織金融室(内線3381、3736)

郵便貯金・保険監督参事官室(内線2614、2621)