• ホーム
  • 所管金融機関の状況
  • 不良債権の状況等について

英語版はこちら新しいウィンドウで開きます

平成13年8月2日
金融庁

13年3月期におけるリスク管理債権等の状況のポイント

1.リスク管理債権等の状況

  • (1)リスク管理債権

    13年3月末の全国銀行のリスク管理債権の総額は、32.5兆円であるが、12年3月末に集計対象外であったあおぞら銀行(旧日本債券信用銀行)を除いたベースでは31.8兆円であり、12年3月末の30.4兆円に比べ+1.4兆円の増加。これは、主に貸出条件緩和債権が増加したことによるもので、不良債権の中でも相対的にリスクの大きい破綻先債権・延滞債権については、12年3月末と比べ▲0.7兆円の減少。

    なお、13年3月末の預金取扱金融機関のリスク管理債権の総額は43.4兆円。あおぞら銀行を除いたベースでは42.8兆円であり、12年3月末の41.4兆円に比べ+1.4兆円の増加。

  • (2)金融再生法開示債権

    13年3月末の全国銀行の金融再生法開示債権の総額は33.6兆円。12年3月末に集計対象外であったあおぞら銀行を除いたベースでは33.0兆円であり、12年3月末の31.8兆円に比べ+1.2兆円の増加。「要管理債権」を除く、「破産更生債権及びこれらに準ずる債権」及び「危険債権」は、▲1.7兆円の減少。

    なお、13年3月末の預金取扱金融機関の金融再生法開示債権の総額は43.0兆円。12年3月末に集計対象外であったあおぞら銀行を除いたベースでは42.3兆円であり、12年3月末の40.9兆円に比べ+1.4兆円の増加。

2.個別貸倒引当金の状況

13年3月末の全国銀行の個別貸倒引当金の残高は、12年3月末の8.4兆円から7.1兆円(あおぞら銀行を除く)に減少。これは、破綻先債権・延滞債権の残高が減少したこと等によるものと考えられる。

なお、13年3月末の預金取扱金融機関の個別貸倒引当金の残高も、12年3月末の11.5兆円から9.9兆円(あおぞら銀行を除く)に減少。

3.不良債権処分損の状況

全国銀行の不良債権処分損(不良債権の処理に伴う損失)は、11年3月期(13.6兆円)をピークに大幅に減少し、13年3月期では、6.1兆円。

なお、13年3月期の預金取扱金融機関の不良債権処分損は7.0兆円。

連絡・問い合わせ先

金融庁 Tel:03-3506-6000(代表)
監督局総務課住澤(内線3306)、植松(内線3706)


サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る