平成16年1月5日
金融庁

財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令案の公表について

金融庁では、財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令案の内容を別紙のとおり取りまとめましたので公表いたします(概要については「別紙1」、具体的な改正内容については「別紙2」から「別紙5」をそれぞれ参照)。

ご意見がありましたら、平成16年1月16日(金)17時00分(必着)までに氏名又は名称、住所、所属及び理由を付記の上、郵便、FAX又はインターネットにより下記にお寄せ下さい。ただし、電話によるご意見はご遠慮願います。

なお、頂戴したご意見につきましては、氏名又は名称も含めて公表させていただく場合があるほか、個別には回答いたしませんので、予めご了承下さい。

【ご意見の送付先】

金融庁総務企画局市場課企業開示参事官室
〒100−8967 東京都千代田区霞が関3−1−1 中央合同庁舎第4号館
FAX番号:03−3506−6266
ホームページ・アドレス:http://www.fsa.go.jp/

【内容についての照会先】

金融庁 Tel:03-3506-6000(代表)
総務企画局市場課企業開示参事官室 金子(内線3659)

ご意見の募集は終了しました。ご協力ありがとうございました。


別紙1)

財務諸表等規則等の改正について

1  改正の趣旨

平成14年8月9日に「固定資産の減損に係る会計基準の設定に関する意見書」、本年10月31日に「固定資産の減損に係る会計基準の適用指針」が公表され、平成16年3月31日に終了する事業年度から固定資産の減損会計の適用が認められることに伴い、減損損失が発生した場合の貸借対照表における表示方法、損益計算書における減損損失の表示方法、減損損失に関する注記の内容等を定めるために、「財務諸表等規則」、「中間財務諸表等規則」、「連結財務諸表規則」及び「中間連結財務諸表規則」について、所要の改正を行う。

2  改正の概要

  • (1)貸借対照表における表示方法

    意見書等の内容に従って、減損損失が発生した場合の有形固定資産及び無形固定資産の表示方法を規定する(財務諸表等規則第26条の2、第30条等)。

    具体的には、有形固定資産については、原則として、取得原価から減損損失を直接控除し、控除後の金額をその後の取得原価とする形式で行うが、当該資産に対する減損損失累計額を取得原価から間接控除する形式で表示することが認められる。また、無形固定資産については、取得原価から減損損失を直接控除する形式で表示されることとなる。

  • (2)損益計算書における表示方法

    意見書等の内容に従って、減損損失を特別損失として表示することを定める(財務諸表等規則95条の3等)。

  • (3)減損損失に関する注記

    意見書等の内容に従って、減損損失を認識した場合の注記事項を定める(財務諸表等規則95条の3の2等)。主な注記内容は、減損損失を認識した資産又は資産グループの内容、経緯、特別損失に計上した金額と当該減損損失の主な固定資産の種類ごとの金額、資産のグルーピングの方法、回収可能価額の算定方法である。

  • (4)その他

    リース取引に関する注記、有形固定資産等明細表等について、減損損失が計上された場合の取扱いに関する所要の改正を行う。

3  適用時期

意見書の内容に従って、適用時期を定める。

  • (1)財務諸表及び連結財務諸表

    財務諸表及び連結財務諸表(財務諸表等)については、平成17年4月1日以後開始する事業年度及び連結会計年度(事業年度等)について適用する。なお、平成16年4月1日以後開始する事業年度等及び平成16年3月31日から平成17年3月30日までに終了する事業年度等に係る財務諸表等についても適用することができるものとする。

  • (2)中間財務諸表及び中間連結財務諸表

    中間財務諸表及び中間連結財務諸表(中間財務諸表等)については、平成17年4月1日以後開始する中間会計期間及び中間連結会計期間(中間会計期間等)について適用する。なお、平成16年4月1日以後開始する中間会計期間等からも適用できるものとする。


別紙2 PDF財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和三十八年大蔵省令第五十九号)(PDF:31KB)
別紙3 PDF中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和五十二年大蔵省令第三十八号)(PDF:10KB)
別紙4 PDF連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和五十一年大蔵省令第二十八号)(PDF:20KB)
別紙5 PDF中間連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(平成十一年大蔵省令第二十四号)(PDF:19KB)
アドビ社のサイトへ
PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Reader日本語版が必要です。
お持ちでない方は、上のボタンをクリックし、手順に従い最新のソフトをダウンロードしてご覧ください(新しいウィンドウで開きます)。