平成16年10月26日
金融庁

預金口座の不正利用に係る情報提供件数等について

金融庁では、預金口座を利用した悪質な事例が大きな社会問題となっていることを踏まえ、預金口座の不正利用に関する情報について、情報入手先から同意を得ている場合には、明らかに信憑性を欠くと認められる場合を除き、当該口座が開設されている金融機関及び警察当局への情報提供を速やかに実施することとしていますが、その情報提供件数等は、四半期毎に公表することとしています。

今回(第3回目)は、調査を開始した平成15年9月以降、本年9月30日までに、金融庁及び全国の財務局等において行った預金口座の不正利用に係る情報提供件数等を公表するものです。

○情報提供件数等

本年7月1日から9月30日までに金融庁及び全国の財務局等において、金融機関及び警察当局へ情報提供を行った件数は1,501件、平成15年9月以降、情報提供を行った累計は6,518件となっています。

また、金融機関としても、預金口座の不正利用と思われる情報があった場合には、直ちに調査を行い、本人確認の徹底や、必要に応じて預金取引停止、預金口座解約といった対応を迅速にとっていくことが肝要であり、本年9月30日までに、当局が情報提供を行ったものに対し、金融機関において、3,344件の利用停止、2,175件の強制解約等を行っております。

預金口座の不正利用に係る情報提供件数等の詳細は別紙のとおりです。

(問い合わせ先)

金融庁 Tel:03-3506-6000(代表)
監督局銀行第1課(内線3765、3397)
銀行第2課(内線3763、3764)
協同組織金融室(内線3377)


アドビ社のサイトへ
PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Reader日本語版が必要です。
お持ちでない方は、上のボタンをクリックし、手順に従い最新のソフトをダウンロードしてご覧ください(新しいウィンドウで開きます)。