平成17年1月21日
金融庁

バーゼルII(新しい自己資本比率規制)の実施に向けた金融庁の体制整備について

1.バーゼルIIの実施に向けて

平成19年3月末から実施予定のバーゼルII(新しい自己資本比率規制)の下では、金融機関が自己資本比率を算出するに当たって、複数の計算手法の中から自らのリスク管理の実態に合った適切な手法を選択することが求められています。

このうち、先進的な計算手法(信用リスクの内部格付手法とオペレーショナル・リスクの先進的計測手法)を選択する金融機関は、リスク管理の一層の高度化に取り組むとともに金融庁の承認を得る必要があります(別紙参照)。

他方、金融庁においても、本年春頃を目途に監督局に「バーゼルII推進室(仮称)」を設置し、総務企画局国際課および検査局と適切に連携して、バーゼルIIの円滑な実施に向けた体制の整備を進めていくこととします。

2.「バーゼルII推進室(仮称)」の業務内容

金融庁においては、バーゼルIIの実施に向けて、現在、新しい自己資本比率規制のための告示、解釈集、監督指針等の整備のための作業を行っているところです。

「バーゼルII推進室(仮称)」においては、この作業を引き続き行うとともに、バーゼルIIの円滑な実施を確保し、金融機関のリスク管理の高度化に着実につなげるよう、以下の取組みを行います。

  • PDF新しい自己資本比率規制の担当窓口として情報提供や問合せへの対応を行い、特に、先進的な計算手法を採用予定の金融機関と早い段階から積極的に対話し、リスク管理の一層の高度化を促していきます。

  • PDF新しい自己資本比率規制の第2の柱(監督上の検証)および第3の柱(市場規律)の実施についても担当します。

  • PDF先進的な計算手法の承認プロセスにおいて、国際的な金融グループを対象とするものについては、海外監督当局と適切な連携を図っていきます。

なお、「バーゼルII推進室(仮称)」の設置にあわせ、金融機関のリスク管理について専門的な知識・能力を有する職員を近々募集する予定にしています。

(問い合せ先)

金融庁 Tel:03-3506-6000(代表)
監督局総務課(内線3725、3718)


別紙) PDF信用リスクの内部格付手法、オペレーショナル・リスクの先進的計測手法の承認プロセス
~規制実施当初から手法の採用を予定する銀行の場合~ (PDF:119KB)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る