平成13年3月30日
金融庁

大東京火災海上保険株式会社及び千代田火災海上保険株式会社の産業活力再生特別措置法に基づく事業再構築計画について

1 .認定計画の概要

大東京火災海上保険株式会社及び千代田火災海上保険株式会社から平成13年3月27日付で提出された「事業再構築計画」について、産業活力再生特別措置法第3条第1項の規定に基づき審査した結果、同法第2条第2項第1号に規定する事業構造変更及び同項第2号に規定する事業革新を行う者として同法に定める認定要件を満たすと認められるため、3月30日付で事業再構築計画の認定を行った。

今回認定した申請者2社の事業再構築計画では、合併により激変する競争環境を勝ち抜く財務基盤を強化するとともに、顧客サービスの一層の向上を通じて「お客様と共に成長する企業」をめざすことを目標としている。

本件の認定により、合併時に係る登録免許税の軽減の特例を受けることが可能となる。

2.事業再構築の実施時期

  • 開始時期:平成13年4月
  • 終了期間:平成15年3月

3.申請者の概要

大東京火災海上保険株式会社

 資本金   571億円

 代表者   瀬下  明

 本店所在地   東京都渋谷区代々木三丁目25番3号

千代田火災海上保険株式会社

 資本金   426億円

 代表者   福田 耕治

 本店所在地   東京都渋谷区恵比寿一丁目28番1号

(問い合わせ先)

金融庁 TEL 03-3506-6000(代表)
 監督局保険課  苗村(内線3375)
 相澤(内線3342)


(様式第三)

認定事業再構築計画の内容の公表

1 .認定年月日

平成13年3月30日

2.認定事業者名

大東京火災海上保険株式会社、千代田火災海上保険株式会社

3.事業再構築の目標

(1) 事業再構築にかかる事業の目標

○ 環境認識

金融業界全般にわたる自由化・規制緩和の進展と相俟って、情報技術の飛躍的な発達や、少子高齢化、お客様ニーズの多様化・高度化が進む中で、損害保険事業の競争環境は大きく変化してきている。このような環境の変化の中にあって、大東京火災海上保険株式会社、千代田火災海上保険株式会社の両社は、全面的統合を通じた効率化、機能強化の一層の推進により、高い競争力と収益力を持ち、新たな成長分野へ挑戦する会社を創設することを決意した。

○ 目標

合併新会社(「あいおい損害保険株式会社」)は、これまでの両社の「強み」を活かしつつ、規模のメリットによる経営効率化と投下経営資源の拡充、先進的・独創的な商品・サービスの開発・提供、さらには財務基盤の強化による信頼度の一層の向上をはかる中で、激変する競争環境を勝ち抜くとともに、顧客サービスの一層の向上を通じて「お客様と共に成長する企業」をめざしていきたいと考えている。

(2) 生産性の向上を示す数値目標

平成14年度に平成12年度との比較において、従業員1人当たりの付加価値額(保険引受収益-保険引受費用、人件費及び減価償却費の和)を、11.3%上昇させる。

4.事業再構築の内容

(1) 事業再構築にかかる事業の内容

○ 中核的事業

自動車保険を中心とする、損害保険事業

○ 選定理由

あいおい損害保険株式会社は、効率化と機能強化をめざした事業推進を行うが、経営効率の向上を目的として、業務の効率化・高度化に向けた新システム体系の構築、顧客ニーズの変化に即応したチャネル構造への変革等を図る。このため機能別特化型拠点体制を導入、専門性をもった担当者によりチャネル特性・ニーズに合った情報・施策提供を行い効率的なチャネル支援・育成、代理店対応の高度化を図る。また、全国および営業拠点に事務の集中処理センターを設置し、重複事務の削減とワンストップ応答の円滑な事務処理体制を構築する。

(2) 事業再構築を行う場所

大東京火災海上保険株式会社 : 東京都渋谷区代々木三丁目25番3号

千代田火災海上保険株式会社 : 東京都渋谷区恵比寿一丁目28番1号

(3) 事業再構築を実施するための措置の内容

別表のとおり

(4) 事業再構築の開始時期および終了時期

開始時期 平成13年4月~終了時期 平成15年3月

5.事業再構築に伴う労務に関する事項

(1) 事業再構築の開始時期の従業員数

平成13年3月末実績 10,100人程度

(2) 事業再構築の終了時期の従業員数

平成15年3月末計画 8,700人程度

(3) 事業再構築に充てる予定の従業員数

平成15年3月末計画 8,700人程度

(4) (3)中、新規に採用される従業員数

平成13年4月~平成15年3月の間 300人程度

(5) 事業再構築に伴い出向・転籍または早期退職する従業員数

平成13年3月予定(合併時) 520人  


別表

事業再構築の措置の内容
措置事項 実施する措置の内容及びその実施する時期  期待する支援措置
事業構造変更    
  合併による中核的事業の開始、拡大又は能率の向上
(1) 合併する会社の概要

 名称:

大東京火災海上保険株式会社
 住所: 東京都渋谷区代々木三丁目25番3号
 代表取締役社長: 瀨下 明
 資本金: 571億円

 名称:

千代田火災海上保険株式会社
 住所: 東京都渋谷区恵比寿一丁目28番1号
 代表取締役社長: 福田 耕治
 資本金: 426億円

(2)

合併新会社の概要

 名称:

あいおい損害保険株式会社
 住所: 東京都渋谷区恵比寿一丁目28番1号
 代表取締役会長: 福田 耕治
 代表取締役社長: 瀨下 明
 資本金: 1,000億円
 合併比率: 千代田火災海上保険株式会社の額面普通株式1株に対し、大東京火災海上保険株式会社の額面普通株式0.9株の割合をもって割り当てる。
租税特別措置法第80条勧告等によってする登記の税率の軽減
事業革新    
  第2条第2項第2号ハ
平成13年4月1日の合併以降、チャネル別専管拠点体制、内務センター・全国事務センター体制の導入等で、「役務(保険サービス)の新たな提供方式」を実現する。


さらに、上記をベースとし、様々な「事業革新」を実施するものであり、その結果として「役務(保険サービス)の提供の著しい効率化」を実現する予定。


具体的な数値基準は以下による。
平成14年度(03/3期)に平成12年度(01/3期)との比較において、従業員一人当たり付加価値額(保険引受収益-保険引受費用、人件費及び減価償却費の和)を11.3%上昇させる。
  

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る