「保険契約にあたっての手引」について

「保険契約にあたっての手引」とは

「保険契約にあたっての手引」とは、消費者の方々が保険商品の購入等を行うにあたって留意すべき基本的な事項をわかりやすくまとめたものです。

保険商品については、その内容が複雑である、多様な商品が存在する等、消費者の方々が容易に理解できない場合もあることから、保険商品の購入等をされる場合には、まず「保険契約にあたっての手引」をお読みいただき、保険商品等についての基本的な事項について理解のうえ、ご自身がどのような保障を必要としているか、保険商品についてどのような点が不明なのか等についてよく検討のうえ、購入等を行って下さい。

「購入者手引」(バイヤーズガイド)

  • (注1)

    医療保険、がん保険など、生命保険会社、損害保険会社のいずれにおいても取扱うことが可能な保険商品もあります。

  • (注2)

    保険商品の購入にあたっては、各保険会社の募集人から交付される重要事項説明書等の募集用資料についてもよくお読み下さい。

    • 「保険会社向けの総合的な監督指針」の一部改正(平成18年2月28日付)を受け、平成18年4月以降は「契約概要」(保険商品の内容を理解するために必要な情報)、「注意喚起情報」(保険会社が顧客に対して注意喚起すべき情報)が交付される予定となっていますので、これらの情報についてもよくお読み下さい。
  • (注3)

    「保険契約にあたっての手引」の記載内容については、作成者である生命保険文化センター新しいウィンドウで開きます日本損害保険協会新しいウィンドウで開きますまでお問い合わせ下さい。