貸し渋り・貸し剥がしに係る情報提供の際の留意事項

ファックス又は郵送で貸し渋り・貸し剥がしに係る情報の提供をされる方は、以下の点について本文にご記載いただきますようお願い致します。

(1) 相談者の氏名(フリガナ)、住所

例 : 金融 太郎 キンユウ タロウ

〒 100-8967 東京都千代田区霞が関3−2−1

(2) (個人で借りている場合)借り手側の氏名及び住所

* 相談者と同一の場合には、省略しても構いません。

例 : 金融 次郎 キンユウ ジロウ

〒 100-8967 東京都千代田区霞が関○−△−□

 (法人で借りている場合)借り手側の企業名及び住所

例 : (株)○○商会

〒 100-8967 東京都千代田区霞が関○−△−×

(3) 借り手の業種

例 : ○○の販売

(4) 金融機関名・支店名及び取引の内容

例 : ○○銀行△△支店

金融機関との取引の内容について適宜ご記入願います。

(5) 具体的な状況

(6) 情報に含まれる個人名・企業名の金融機関への提示の可否

(7) 受け付けた情報を関係省庁に連絡することについての可否を記載いただくようお願い致します。

  • (注1)上記(1)〜(7)の情報については、金融機関にヒアリングをする際に必要となりますので、記載をお願いしております。

  • (注2)貸し渋り・貸し剥がしに対して他の省庁等の協力を得るため、受け付けた情報を関係省庁に連絡する場合があります。