平成28年3月14日
金融庁

2016年版EDINETタクソノミの公表について

金融庁では、平成27年12月28日から平成28年2月1日までの間において、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」等の法令、会計基準の改正等に対応するため、EDINETタクソノミ及び関連資料の更新案を公表し、意見募集を行いました。

コメントの概要及びそれに対する金融庁の考え方は、こちら(PDF:103KB)を御覧ください。その他のコメントについては、関連資料に反映させていただきました。

ついては、いただいた御意見等を踏まえて策定した、2016年版EDINETタクソノミ及び関連資料を公表します。

  • (注)EDINETでは、XBRLを利用して有価証券報告書等の書類を作成し、提出します。XBRLとは、財務情報等を効率的に作成・流通・利用できるよう、国際的に標準化されたコンピュータ言語です。XBRLでは財務報告の電子的雛型である「タクソノミ」を基に、財務報告内容そのものを表す「インスタンス」を作成します。

1.更新の概要

  • (1)2016年版EDINETタクソノミ

    次の法令及び会計基準の改正内容の反映

    • 企業内容等の開示に関する内閣府令の改正

    • 財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の改正

    • その他の別記事業に係る会計規則、会計基準等の改正

    今回更新対象となるのは、「財務諸表本表タクソノミ」及び「開示府令タクソノミ」です。

    なお、今回の更新対象外のEDINETタクソノミについては、従前のEDINETタクソノミを引き続き利用します。

  • (2)XBRL作成ガイド

    • EDINETタクソノミの更新内容の反映

    • IFRSタクソノミの更新内容の反映

2.適用時期

  • (1)2016年版EDINETタクソノミ

    有価証券報告書・・平成28年3月31日以後に終了する事業年度に係る書類から適用

    四半期報告書及び半期報告書・・平成28年4月1日以後に開始する事業年度に係る書類から適用

    有価証券届出書・・平成28年3月31日以後に終了する事業年度を直近の事業年度とする財務諸表等を掲げる書類から適用

    なお、上記以外の書類の適用時期につきましては、『提出者別タクソノミ作成ガイドライン』 8.使用するタクソノミのバージョンを御参照ください

  • (2)IFRSタクソノミ2015

    有価証券報告書中のIFRS財務諸表(ただし、IFRSタクソノミを用いる場合に限る。)・・平成28年3月31日以後に終了する事業年度に係る書類から適用

    四半期報告書及び半期報告書(ただし、IFRSタクソノミを用いる場合に限る。)・・平成28年4月1日以後に開始する事業年度に係る書類から適用

    有価証券届出書(ただし、IFRSタクソノミを用いる場合に限る。)・・平成28年3月31日以後に終了する事業年度を直近の事業年度とする財務諸表等を掲げる書類から適用

3.公表資料

今回公表する資料は、以下のとおりです。

(1)EDINETタクソノミ関連
公表資料 説明資料等

(a)EDINETタクソノミ更新概要(PDF:175KB)

EDINETタクソノミ更新概要添付資料(EXCEL:1,106KB)

EDINETタクソノミの更新内容及び更新箇所の概要をまとめたものです。

(b)EDINETタクソノミの概要説明(PDF:1,726KB)
EDINETタクソノミ用語集(PDF:373KB)

EDINETタクソノミの概要説明(新旧対照表)(PDF:324KB)

EDINETタクソノミの概要をまとめたものです。

(c) EDINETタクソノミ本体(ZIP:8,791KB)

開示書類等提出者がXBRL形式の提出書類を実際に作成する場合に使用します。また、EDINETタクソノミに設定されている全ての情報を確認する場合にもこれを使用します(XBRLツールが必要となります。今回更新対象外のものも含みます。)。

(d) EDINETタクソノミ差分情報(ZIP:10,733KB)

直近のEDINETタクソノミからの更新箇所を抽出したリストです。技術的なものを含めて更新状況の詳細を確認することが可能です。

(e)タクソノミ要素リスト(EXCEL:6,453KB)

EDINETタクソノミに設定されている要素を一覧表示したものです(今回更新対象外のものも含みます。)。EDINETタクソノミに設定された要素を簡便的に確認することが可能です。

(f)勘定科目リスト(EXCEL:2,666KB)

EDINETタクソノミのうち、財務諸表本表タクソノミに設定されている勘定科目を一覧表示したものです(今回更新対象外のものも含みます。)。財務諸表本表タクソノミに設定された勘定科目を簡便的に確認することが可能です。

(g) サンプルインスタンス(ZIP:4,324KB)

サンプルインスタンス概要説明(PDF:356KB)

サンプルインスタンス概要説明添付資料(EXCEL:3,481KB)

今回公表のEDINETタクソノミを基に作成したXBRLデータのサンプル(今回更新対象外のものも含みます。)です。XBRLデータの作成方法に関する技術的な参考となります(XBRLツールが必要となります。)。
(2)XBRL作成ガイド
本文及び添付資料 更新内容

(a)提出者別タクソノミ作成ガイドライン(PDF:3,296KB)
提出者別タクソノミ作成ガイドライン添付資料(ZIP:245KB)

提出者別タクソノミ作成ガイドライン〔新旧〕(PDF:477KB)

(b)報告書インスタンス作成ガイドライン(PDF:2,519KB)

報告書インスタンス作成ガイドライン〔新旧〕(PDF:157KB)

(c)報告項目及び勘定科目の取扱いに関するガイドライン(PDF:872KB)

報告項目及び勘定科目の取扱いに関するガイドライン〔新旧〕(PDF:267KB)

(d)IFRSタクソノミ要素リスト(EXCEL:2,451KB)

(e)提出者別タクソノミ作成ガイドライン(IFRS適用提出者用)(PDF:1,100KB)

提出者別タクソノミ作成ガイドライン(IFRS適用提出者用)〔新旧〕(PDF:168KB)

(f)報告書インスタンス作成ガイドライン(IFRS適用提出者用)(PDF:949KB)

変更なし

4.EDINETタクソノミの知的所有権について

EDINETタクソノミの知的所有権については、こちらを御覧ください。

5.御質問又は御意見

2016年版EDINETタクソノミ及び関連資料に関する御質問又は御意見がありましたら、別添のファイル様式(EXCEL:29KB)にてこちらまでお寄せください。

(参考)

お問い合わせ先

金融庁 Tel:03-3506-6000(代表)

総務企画局企業開示課(内線3691)

アドビ社のサイトへ
PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Reader日本語版が必要です。
お持ちでない方は、上のボタンをクリックし、手順に従い最新のソフトをダウンロードしてご覧ください(新しいウィンドウで開きます)。