金融指標の規制のあり方に関する検討会(第1回)議事要旨

1.日時:

平成25年11月28日(木曜日)10時00分~12時00分

2.議論の概要:

  • 冒頭、総務企画局長より挨拶。金融指標を巡る国際的な動向を紹介し、「金融指標の規制のあり方に関する検討会」を開催した趣旨について説明。

  • 池尾座長より挨拶。金融指標が市場インフラ・公共財として果たしている役割が大きくなっていることを踏まえ、金融指標に係る規制のあり方について、検討を行う必要があるとの説明。

  • 事務局より、諸外国における規制導入の概況や国際的な原則の概要など、金融指標を巡る状況について説明。

  • 和田メンバー(全国銀行協会副会長兼専務理事)より、東京銀行間取引金利(TIBOR)について、その概要と現在全国銀行協会において進められている取組みについて説明。

  • 自由討議の概要は以下のとおり。

    • 金融指標について、信頼性が揺らぐことのないように、規制を導入することが望ましい。
    • 諸外国では先行して規制が導入されていることを踏まえれば、公的な規制の枠組みは早急に具体化する必要があるのではないか。
    • 金融指標の呈示者と利用者が一致する場合には、利益相反行為が発生する可能性が高くなる。
    • 金融指標を巡る不正事案はデータの呈示を受けて算出される金融指標について生じたことに鑑みると、規制対象とする金融指標は、TIBORを基本に据えることが適切ではないか。
    • 規制の枠組みとしては、国際的な整合性の観点から、TIBORのみならず幅広い金融指標を対象とし得るものとすることは理解できる。
    • 算出者に対する規制を基本とすることが適切ではないか。
    • 金融指標を巡る非違事例は算出者側でなく呈示者側で生じていることに鑑みると、呈示者も規制の対象に含めることが適切ではないか。
    • 呈示者への負担が大きいと呈示を辞退するものが出てき得るので、規制を導入する場合には、そういった点も考慮する必要があるのではないか。
    • 国際的な整合性の観点から、我が国の方からも同等性を求めるような形で調整できるのであれば、国際的にもイニシアティブが取れるのではないか。
    • IOSCOの原則を尊重するとともに、我が国の実情を踏まえた規制とすることが望ましい。
  • 次回の検討会は、12月中旬に開催予定。

以上

お問い合わせ先

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)
総務企画局市場課
(内線3523、3970)本議事要旨は暫定版であるため、今後変更があり得ます。

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る