平成18年11月17日
金融庁

ソルベンシー・マージン比率の算出基準等に関する検討チームについて

金融庁は、保険会社のソルベンシー・マージン比率の算出基準等について検討するため、11月20日、標記検討チームによる第1回検討会の開催を予定している。

なお、保険会社のソルベンシー・マージン比率の見直しについては、「金融改革プログラム」においても検討することとされているところである。

1.見直しの趣旨

  • (1)ソルベンシー・マージン比率は、保険会社が通常の予測を超えて発生するリスクに対し、どの程度の支払余力を有しているかを示す指標として、平成8年の保険業法改正時に導入されたものである。これまでも適時必要な見直しを行ってきたが、保険会社の財務体質の強化やリスク管理の高度化を図る観点から、現下の金融市場実勢と乖離したものとなっていないか精査していく必要がある。

  • (2)見直しに当たっては、近年の保険商品の多様化、資産運用技術の発展、リスク管理手法の高度化などによる実態を踏まえるとともに、現在、議論されている国際会計基準等における保険負債の時価評価をめぐる動向も見極める必要がある。

2.検討会の進め方

学者、アナリスト、ファイナンシャルプランナー、公認会計士、生損保業界の実務者からなる標記検討チームにおいて、ソルベンシー・マージン比率の算出基準等に関する現行の問題点及び今後のあり方についての意見聴取を行い、平成19年3月を目途に、議事内容を取りまとめた報告書を作成する。

(以上)

お問い合わせ先

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)
監督局保険課 (内線3770、3431)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る