令和2年7月15日

公認会計士・監査審査会

受験手数料の返金(還付)についてのお知らせ


 令和2年公認会計士試験(第II回短答式試験)の実施時期が延期されたことを理由として受験を取りやめる方については、申請により、既に納付された受験手数料を還付しますので、お知らせいたします。期限内に申請がない場合には、受験手数料は返還しません。
 

1.受験手数料の返金(還付)対象者
 令和2年公認会計士試験第II回短答式試験に出願した者で、短答式試験の実施時期が延期されたことを理由として、受験を取りやめる者
   
2.受験手数料の還付申請の方法
 (還付申請の方法)
   e-Gov(電子政府の総合窓口)電子申請システムを利用したオンライン申請にて受付を行います。下記の申請書ファイルをダウンロードしていただき、記載例を参考に入力後、e-Govに開設されている「公認会計士試験受験手数料の還付申請」ページから、電子申請にて提出してください。
   
 (申請書ファイル)
   公認会計士試験受験手数料の還付申請書(Excel
 申請書の記載例(PDF
   
 (申請書提出方法)
   上記申請書ファイルを入力後、こちら(e-Gov電子申請ページへリンク)から電子申請にて提出してください。e-Gov電子申請にて基本情報を入力後、「申請情報の入力」画面にある、「添付書類」の「入力」ボタンを押下し、申請書ファイルを登録してください。
 e-Gov電子申請にあたっては、事前にe-Gov電子申請システムの利用準備をする」(e-Gov電子申請ページへリンク)をご確認のうえ、「e-Gov電子申請システムを初めて使う方へ」(e-Gov電子申請ページへリンク)をご覧ください。
 本手続(電子申請)にあたって、電子署名(電子証明書の取得)は不要です。
   
 (申請期間)
   令和2年7月15日(水)~令和2年8月14日(金)
 申請期間経過後はいかなる場合でも申請を受理できませんのでご注意願います。
   
3.その他
(1)  令和2年論文式試験の延期に伴う受験手数料の還付については、短答式試験全科目免除にて出願された方のみを対象として、10月中旬頃から還付申請の受付を行う予定ですので、改めて、お知らせいたします。
(2)   短答式試験の延期に伴う受験手数料の還付時期(振込時期)は、令和2年10月上旬頃を予定しておりますが、申請件数等により時期が前後する可能性がありますのであらかじめご承知おきください。振込にあたって、国庫金送金通知書が送付されます。

 

お問合せ先

公認会計士・監査審査会事務局 総務試験室試験担当係

03-5251-7295

サイトマップ

ページの先頭に戻る