令和2年7月14日

公認会計士・監査審査会

「令和2年版モニタリングレポート」の公表について

公認会計士・監査審査会(以下「審査会」という。)は、監査及び会計の専門家だけではなく市場関係者、学生、社会人など一般の人々をも読者として想定し、審査会が実施するモニタリング活動の状況と成果を中心に、できるだけ分かりやすい形で情報提供する観点から、年次で「モニタリングレポート」を作成し、公表しています。

 今般、「令和2年版モニタリングレポート」を作成したので公表いたします。

〔本年版のポイント〕
 本年版のポイントは以下のとおりです。令和元年版から、データのリニューアルや新規項目の追加等を行いました。

▸「Ⅰ.監査業界の概観」
 
 公認会計士、監査事務所、被監査会社などの現況を記載し、監査業界の全体像を俯瞰しています。また、公認会計士試験関係及び金融機関監査、IPO支援業務に関する情報を新たに記載しています。
 
▸「Ⅱ.審査会によるモニタリング」
 
 直近4事務年度の検査における大手監査法人・準大手監査法人と中小規模監査事務所の総合評価の状況など審査会の活動状況(制度の概要、審査、報告徴収及び検査の状況)を記載しています。
 
▸「Ⅲ.監査事務所の運営状況」
 
 会計監査人の最新の異動状況などモニタリングを通じて把握した監査事務所の運営状況を記載しています。また、事務作業を集中処理する組織の構築に関する事例など、監査業務をサポートする組織体制についての記載を充実させています。

▸「Ⅳ.監査をめぐる環境変化への対応」

 近時の監査をめぐる環境変化を踏まえ、ITを活用した監査や、グローバルネットワークとの連携の状況の記述を充実させるとともに、新型コロナウイルス感染症拡大の影響と対応や、監査に関する基準等の最近の動向や公表された重要な報告などについて記載しています。

お問い合わせ先

公認会計士・監査審査会事務局
℡ 03-3506-6000 (代表)
審査検査室 (内線 2461)

ご意見・ご要望受付専用アドレス

iiu.cpaaob@fsa.go.jp


 令和2年版モニタリングレポート_主なポイント(PDF:579KB)
 令和2年版モニタリングレポート (PDF:8.08MB)

サイトマップ

ページの先頭に戻る