平成22年4月30日
金融庁

「あなたは大丈夫?キャンペーン−貸金業法が大きく変わります!−」の実施について

多重債務問題の解決を図ることを目的として、平成18年に成立した「貸金業法」は、3年半にわたり段階的に施行されており、本年6月18日には、総量規制の導入等を含む完全施行が予定されています。

この改正貸金業法の完全施行の円滑な実施に向けては、金融庁、消費者庁の副大臣、大臣政務官及び法務省の大臣政務官からなる「貸金業制度に関するプロジェクトチーム」が先般取りまとめた「借り手の目線に立った10の方策」を政府として実施していくこととなります。

「10の方策」の中には、「多重債務者に対するカウンセリング・相談の更なる改善・強化」や、「改正貸金業法等の広報活動の充実」という観点から、「多重債務相談の実施や改正貸金業法の周知を目的とした「キャンペーン」を実施すること」が盛り込まれています。

この方策の趣旨を踏まえ、「あなたは大丈夫?キャンペーン−貸金業法が大きく変わります!−」を実施することとしました。キャンペーンの開催に当たっては、各共催団体、都道府県、市区町村及びその他の相談窓口を設置する機関において、必要に応じ協議会を開催すること等を通じ、連携を密にしつつ対応します。

なお、「貸金業利用者に対する意識調査」及び「貸金業者実態アンケート結果」についても公表されていますので、併せてご参照ください。

お問い合わせ先

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)
総務企画局企画課信用制度参事官室(内線2648、3506、3581)

アドビ社のサイトへ
PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Reader日本語版が必要です。
お持ちでない方は、上のボタンをクリックし、手順に従い最新のソフトをダウンロードしてご覧ください(新しいウィンドウで開きます)。