平成23年8月31日
金融庁

「多重債務者相談マニュアル」の改訂版の公表について

内閣に設けられた「多重債務者対策本部新しいウィンドウで開きます」では、深刻な社会問題である多重債務問題を抜本的に解決するため、平成19年4月20日に「多重債務問題改善プログラム新しいウィンドウで開きます」を決定し、相談窓口の整備などの「借り手対策」をとりまとめました。これに基づき、金融庁では多重債務者相談のための相談マニュアルを平成19年より作成してまいりました。

また、昨年6月18日に実施された改正貸金業法の完全施行に際しては、同法の完全施行を円滑に実施するための施策として「PDF借り手の目線に立った10の方策(PDF:435KB)」が取りまとめられ(平成22年4月2日)、「多重債務者に対するカウンセリング・相談の更なる改善・強化」を図ること、さらに具体的な施策として「経験の浅い相談員でも活用することができる実践的な『相談マニュアル』を作成すること」が掲げられております。

これらを踏まえ、実践的な「相談マニュアル」を作成するため、関係省庁及び有識者による「多重債務カウンセリング・相談 タスクフォース」を、平成22年5月に設置・開催いたしました。同タスクフォースにおける検討を踏まえ、今般、従来の「多重債務者相談マニュアル」を改訂し、実践的なマニュアルとして「多重債務者相談の手引き」を作成いたしましたので、公表します。

【主な改訂事項】

  • (1)名称変更

    「多重債務者相談マニュアル」から「多重債務者相談の手引き」に変更。

  • (2)新たに項目を追加

    • 生活再建のためのセーフティネット貸付け等
    • 心の問題・心のケアへの対応
    • クレジットカードの現金化やソフトヤミ金等の最新手口・対応方法
    • 関係部門等と相談窓口との連携
  • (3)内容の充実化

    • 家計管理に関する取組み

お問い合わせ先

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)
総務企画局企画課信用制度参事官室(内線3506、2648)

アドビ社のサイトへ
PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Reader日本語版が必要です。
お持ちでない方は、上のボタンをクリックし、手順に従い最新のソフトをダウンロードしてご覧ください(新しいウィンドウで開きます)。