金融研究センターの概要

金融研究センターとは

金融研究センター(Financial Research Center、通称:FSA Institute)(以下、「センター」という。)は、平成13年7月、金融庁における「研究」と「金融庁職員に対する研修」の効果的な連携を目的として発足しました。

現在、金融庁においては、日々高度化する金融技術や、国際化が進展する金融取引等の現実に対し、的確に対処し、適切な行政運営を行っていく必要があります。こうした中、当センターでは金融に関する経済学、ファイナンス、法学、会計学、金融工学等の専門的知見を用いて金融行政上の重要な課題について究明するとともに、不断に職員の専門性・先見性の向上を図っていくという役割を担っております。

発足以来、当センターでは、主に下記の活動を行っております。

(1) 金融行政の理論的基盤をなす調査研究の実施

(2) 金融行政とアカデミズムとの架け橋となり、政府関係部局や民間有識者、アカデミズムとの相互交流によるネットワーク強化のための、研究会、国際コンファレンス等の開催

(3) 金融庁職員に対する研修

◆ 活動内容 ◆

平成26事務年度における、主な活動は以下のとおりです。

  • センター特別研究員の調査研究の成果を11本の研究論文等としてまとめ、センター・ディスカッションペーパーとして公表しました。
  • シンポジウムを計2回開催しました。まず、26年10月に、「家計の金融活動と地域の中小企業金融のあり方」をテーマとして、大阪大学社会経済研究所、京都大学経済研究所、神戸大学大学院経営学研究科及びアジア開発銀行研究所(ADBI)との共催により開催しました。また、27年1月には、「金融教育を通じたより良いライフプランニングの促進」をテーマとして、経済協力開発機構(OECD)、ADBI及び日本銀行との共催による、ハイレベル・グローバル・シンポジウムを開催しました。いずれも、研究者、金融機関関係者、政府関係者など100名を超える参加者を得ました。
  • 企業財務等に関する動向等について情報交換・議論する「企業財務研究会」を、26年7月に開催しました。
  • 金融庁職員に対する研修については、金融実務にかかる専門的な研修を充実させることに注力しつつ、78コースの研修を実施しました。

◆ 名称変更について ◆

平成22年9月から、当センターの研究機能強化の取組みの一環として、「金融研究研修センター(Financial Research and Training Center、通称:FRTC)」から「金融研究センター(Financial Research Center、通称:FSA Institute)」へ名称を変更しました。


金融研究センターの組織(平成27年7月7日現在)

金融研究センターの組織