金融研究センターの概要

金融研究センターとは

金融研究センター(Financial Research Center、通称:FSA Institute)(以下、「センター」という。)は、平成13年7月、金融庁における「研究」と「金融庁職員に対する研修」の効果的な連携を目的として発足しました。

現在、金融庁においては、日々高度化する金融技術や、国際化が進展する金融取引等の現実に対し、的確に対処し、適切な行政運営を行っていく必要があります。こうした中、当センターでは金融に関する経済学、ファイナンス、法学、会計学、金融工学等の専門的知見を用いて金融行政上の重要な課題について究明するとともに、不断に職員の専門性・先見性の向上を図っていくという役割を担っております。

発足以来、当センターでは、主に下記の活動を行っております。

  1. 金融行政の理論的基盤をなす調査研究の実施
  2. 金融行政とアカデミズムとの架け橋となり、政府関係部局や民間有識者、アカデミズムとの相互交流によるネットワーク強化のための、研究会、国際コンファレンス等の開催
  3. 金融庁職員に対する研修

◆ 活動内容 ◆

 平成28事務年度における、主な活動は以下のとおりです。

  •  センター研究官及び特別研究員の調査研究の成果を3本の研究論文等としてまとめ、センター・ディスカッションペーパーとして公表しました。
  •  28年7月に、国際シンポジウム「ECGIアジア・コーポレートガバナンス・ダイアローグ」を、ECGI(European Corporate Governance Institute)等との共催により開催し、金融機関関係者や研究者等から多数の参加を得ました。また、同年9月には、フィンテック(金融とテクノロジーの融合)をテーマにしたグローバルイベント「フィンサム・ウィーク2017」を、日本経済新聞社及びFintech協会との共催により開催し、盛況を博しました。
  •  金融庁職員に対する研修については、金融実務にかかる専門的な研修を充実させることに注力しつつ、89コースの研修を実施しました。

◆ 名称変更について ◆

  • 平成22年9月から、当センターの研究機能強化の取組みの一環として、「金融研究研修センター(Financial Research and Training Center、通称:FRTC)」から「金融研究センター(Financial Research Center、通称:FSA Institute)」へ名称を変更しました。

金融研究センターの組織(平成29年7月現在)

センター顧問 吉野直行 大庫直樹、 センター長代行 総括審議官 小野尚 、副センター長総務企画局参事官 油布志行、 研究スタッフ、研究開発室、開発研修室

サイトマップ

ページの先頭に戻る