平成30年2月19日
募集番号(29政12)

期間業務職員(金融サービス利用者相談室の金融サービス相談員)の募集

職種

期間業務職員(金融サービス相談員)

業務内容

・金融行政や金融サービス(預金・融資等、投資商品等、保険商品等、貸金業等、仮想通貨等)に関する利用者からの質問・相談等への対応
・上記金融サービスに関する金融トラブルを未然に防止するための予防・中立的なアドバイス
・その他金融サービス利用者相談室長が必要と認める業務

応募条件等

 金融商品や金融サービス、金融制度、金融ITなど金融に関する幅広い知識を有し、かつ、パソコンで文書等の作成(Word、Excel)やインターネット検索が相当程度できる者であって、以下のいずれかの条件を満たしている者

1.「消費生活専門相談員」、「消費生活アドバイザー」、「消費生活コンサルタント」のいずれかの資格を有する者で、一般消費者からの相談業務の経験を有する者

2.金融機関(銀行・証券・保険・ノンバンク等)での勤務経験を有する者

3.ファイナンシャル・プランニング技能士 (1級もしくは2級)又は日本FP協会が認定する資格(CFPもしくはAFP)を有する者

募集人員

若干名

採用形態

期間業務職員

給与

「一般職の職員の給与に関する法律」に基づき支給される常勤職員との権衡を考慮し支給。
(交通費別途支給、他は法令の規定に拠る)
出張する場合には出張旅費等が支給されます。

勤務地

金融庁

雇用期間

採用日から平成31年3月31日まで

勤務時間

原則として9時30分から18時15分(週5日勤務 土日祝日を除く)
※場合によっては、勤務時間の変更があります。

応募方法

市販の履歴書(写真貼付)及び職歴書に必要事項を記入のうえ、下のあて先まで郵送で提出してください。「消費生活専門相談員」、「消費生活アドバイザー」、「消費生活コンサルタント」、「ファイナンシャル・プランニング技能士」等の資格を有する方は資格証の写しを履歴書に添付してください。

なお、応募書類は返却致しませんので、予めご了承ください。

選考方法

・書類選考後、面接試験及びパソコンでの文書入力作業等により合否を決定します。

・書類選考合格者には、面接日程等を個別に連絡します。
 ※ 電子メールによる連絡が可能な場合には、履歴書にメールアドレスを併記してください。

応募締切

当面の間
 ※ ただし、応募人員に達した時点で応募受付を終了する場合がありますので、予めご了承ください。

書類提出先

〒100-8967
東京都千代田区霞が関3-2-1 中央合同庁舎第7号館

金融庁総務企画局政策課金融サービス利用者相談室 相談員採用担当 宛

お問い合わせ先

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)

総務企画局政策課金融サービス利用者相談室

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る