国際コンファレンス・研究会等

昼休み講演会(ランチョン)とは

 庁内職員の知見・先見性向上を目的として、専門的知識を有する外部講師(学者や実務家、専門家等)を招き、主に金融や経済等の最前線にあたる内容をテーマに、講演及び質疑応答を行う「昼休み講演会(ランチョン)」を、昼休み時間帯に、カジュアルな雰囲気の中で開催しております。
 令和4年度については、新型コロナウィルス対策のため、オンライン配信等を行って開催しております。
 

令和4年度 昼休み講演会(ランチョン)

開催日 講師(敬称略) テーマ
9月16日 柳澤 伯夫
(WB金融経済研究所代表、初代内閣府特命担当大臣(金融))
「平成金融危機の体験と金融庁の役割」
8月10日 齋藤 亜蘭
(株式会社キーエンス データアナリティクス事業グループ コンサルティングデータサイエンティスト)
柘植 朋紘
(株式会社キーエンス データアナリティクス事業グループ マネージャー)
「金融機関のデータ活用における課題と処方箋」
6月6日 櫻井 正明
(株式会社クニエ プリンシパル)
「分散型金融システムのトラストチェーンにおける技術リスク」
5月25日 山本 智太郎
(株式会社QUICK 資産運用研究所 主席研究員)
「日米投資信託の残高格差を販売・企画の現場から見る」
5月10日 小室 淑恵
(株式会社ワーク・ライフバランス代表取締役社長)
「霞が関からの「働き方改革2.0」へ向けて」
4月28日 小澤 裕史
(在中華人民共和国日本国大使館経済部一等書記官)
「中国のグリーンファイナンス政策の現状と課題」

サイトマップ

ページの先頭に戻る