英語版はこちら新しいウィンドウで開きます

亀井内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要

(平成22年5月28日(金)8時48分~8時52分 場所:国会内)

【大臣より発言】

今日は、(閣議で)総理からあったのは、北朝鮮に対する、既に発表になっていると思いますけれども、送金等の制限強化というあれがありました。

あと、別に報告することはありません。

【質疑応答】

問)

昨日、日本振興銀行に対して、非常に厳しい、重い業務停止処分、一部の分野ですけれども、このご判断の理由、ご所見をお願いします。

答)

今まで、金融庁としても長期間にわたって検査等を実施し、報告も受けたわけでありますけれども、その状況を詳細に検討した結果、昨日、事務方から発表したように、今後、振興銀行が、きちんと金融機関としてその責任を全うしていけるための金融庁としての処分、処置をいたしましたので、振興銀行としては、これを誠実に実行してもらいたいと思っています。

問)

検査忌避があったようですが、告発に対する現在のスタンスをお願いします。

答)

これも、今、具体的に、中身についてどういう状況であったかというようなことを検討している最中ですので、今の時点で結論を出しているわけではありませんけれども、これの状況を詳細に、徹底的に検討しているという状況です。それに基づいての対応をいたします。

問)

普天間の問題なのですけれども、福島大臣(社民党党首)が署名を拒否されるという姿勢を崩さない中で、今日、どんなスケジュールでやるのか、とかもめどが立っていない状況ですけれども、見通しについてどう…。

答)

これは、総理が最終的に、閣僚レベルでの両国の合意等を踏まえてどういう対応をされるのか、総理がお決めになることだと思いますね。

問)

「総理がお決めになる」というのは、例えば、福島大臣(社民党党首)の罷免とか、政府対処方針のやり方を変えるとか、そういうことも含めてですか。

答)

私に聞いたってしょうがないでしょう、そういうことは。それは、あくまで総理がご判断してお決めになる話であって、連立を組んでいる国民新党の立場では、総理に対してもいろいろと申し上げましたし、また、友党である社民党に対してもいろいろと申し上げた、ということであります。

問)

普天間の件ですけれども、今の閣僚懇談会、閣議の中で、総理の、日米もしくは政府としての方針について、ご自身の意思の表明はおありになりましたでしょうか。

答)

いえ、全然ありません。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る