英語版はこちら新しいウィンドウで開きます

麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要

(平成30年2月16日(金)8時41分~8時44分)

【冒頭発言】

 金融庁として、コインチェック社の関係で31社全ての仮想通貨交換業者に対して、システムリスク管理態勢に関する報告徴求命令を出しておりまして、提出を受けた報告の内容について精査・分析を行ってきたところです。
  今般、こうした分析等を踏まえて、未登録のまま営業を行っているみなし仮想通貨交換業者15社に対しても順次立入検査を行うということにします。この方針のもとで、14日、5社に対して検査の予告を行ったところです。なお、みなし仮想通貨業者は、現在金融庁で登録審査中でありますので、取引を行う場合には、その点を御留意いただきたいと思っております。

【質疑応答】

 
問)

今、冒頭の関連でコインチェックが13日に業務改善計画を出しましたけれども、補償の時期については示されていません。この対応について大臣の受止めと、今おっしゃった立入検査の目的について、狙いについて改めて教えてください。

答)

コインチェック社に関しては、顧客の補償等に関して、引き続き検討中だということを公表したのだと承知しております。顧客との関係では、この会社においては被害が発生した顧客の保護、また被害拡大の防止に向けて、万全を期していかねばならんということが重要なのだと思っております。金融庁としては、立入検査等を通じて、この会社によります顧客保護の対応状況というものを十分に把握して、適切な顧客保護が確保されるように取り組んでもらいたいと思っておりますので、私どもは調査した内容等に従って対応を、万全を期したいと思っております。

問)

昨日の予算委員会で、大臣から今の状況において特別に介入しなければならないほどの急激な円高でもないというような御発言がありました。これは昨日ぐらいの為替水準なら政府は介入しないと言っているような印象もあるのですけれども、どのような意図で御発言されたのか教えてください。

答)

人によって取り方はいろいろあるのだろうし、報道機関の取り方なのだと思いますけど、米国のCPI、消費者物価指数というものを受けて、昨日の為替市場というのが、夜の10時半だったでしょうか、あれは。その時点での判断を申し上げたのですけれども、特定の為替水準を念頭に受けた為替政策を行っているわけではありませんが、G7とかG20とか、ああいうものの合意にあるとおり、為替レートの急激な変動とか、また無秩序な動きというものは、経済というものに対して、金融に関しては影響を与えますので為替の安定は極めて重要だと思っております。必要なときは適切に対応するという政府の方針というのは変わるわけではありませんので、引き続き、為替市場の動向というものについては緊張感を持って対応してまいりたいと考えております。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る