英語版はこちら新しいウィンドウで開きます

麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要

(平成30年2月20日(火)8時41分~8時46分)

【質疑応答】

 
問)

政府が先週金曜日、日銀の正副総裁人事案を示しました。黒田総裁を再任して、副総裁に日銀の雨宮さん、あと早稲田大学の若田部さんを起用する内容です。安倍政権はデフレ脱却を政権の最重要課題に掲げていますが、大臣としては次期執行部にどのような政策を期待するのか、考え方を教えてください。

答)

5年前の政権奪還、我々は政権奪還してからデフレ不況からの脱却を優先順位の一番に掲げてやってきたのだと思いますので、白川日銀総裁といろいろ話をさせてもらったというのがもともとのスタートなのです。それから5年たって間違いなくデフレではないという状況には来たのだと思っています。そういった意味では少なくとも物価上昇をある程度、イギリス、アメリカ、ドイツ、みんなインフレ目標2%だったでしょうか、目標を掲げてきたのですけれども、残念ながらそこのところは、2%の物価上昇というところまでは達していませんから、そこのところはきちんと物価2%上昇という目的を達成するために引き続き今の政策というものを政府と一緒になってやっていってもらうというような人を、政策を期待するということでしょうか。

問)

金融庁の関連で御質問します。一部の報道で足元のアメリカの金利が急上昇していまして、金融庁で20の地方銀行に対して外債の運用状況を調べたところ、全て含み損を抱えていて、金融庁として体制の改善を求めたという記事が出ていました。この報道の真偽と、金融庁としてこの20行、あるいはそのほか、外債の運用体制に問題があるところに対して立入検査等を行う方針はあるかどうかお聞かせください。

答)

立入検査をするかしないか、しゃべることはありません。そういう外債を抱えていろいろな問題があるというのは、銀行の規模にもよりますけれども、その比率が高いということで、いわゆる含み損になっているというようなところが大きなところでもありますから、幾つかありますけれども、それによって金融機関としての危機になっているかと言えば、そんなことはないのだと思っていますので、それによって危険な状況になっているということではありません。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る