麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要

(平成30年3月9日(金)9時45分~9時52分)

【質疑応答】

 
問)

森友学園に関する財務省の決裁文書をめぐって、8日の財務省の報告に対し野党から改ざんの疑いが払拭できないと批判が出ています。財務省として今後どのように調査を進め、いつ頃までに結論を出す方針でしょうか。

答)

現在、大阪地方検察庁において、背任のほかにも証拠隠滅とか公用文書毀棄についての告発を受けていますので、我々としては告発を受けている立場ですから、捜査が行われているという状況にありますので、我々としては捜査に全面的に協力している段階であります。したがって、そうした状況の中で捜査に影響を与えないよう、直接担当である理財局、近畿財務局以外の職員も関与させた上で、役所を挙げて、文書の確認、職員への聞き取り等の調査を進めていきたいと考えていますが、他方、できるだけ早くするよう努力はしますが、捜査状況もありますので、いつまでに報告できるか等々については、軽々しくは申し上げられない状況にあると思っています。いずれにしてもその結果については、いわゆる結果の報告については、捜査の影響ということも十分に見極めながら対応させていきたいと考えております。

問)

アメリカのトランプ大統領が日本時間の未明に鉄鋼等に対する輸入制限令に署名しました。安全保障上の理由ということでカナダとかメキシコに対しては執行が猶予された一方で、日本はまだ今後の交渉の余地次第だというふうにおっしゃられています。今後日本としてどのように対応していくか、お考えをお聞かせください。

答)

カナダとメキシコでしたか、NAFTAを結んでいる2つということでしょう、それは。そういう話ですから、それ以外の全ての国からの輸入品を対象とする決定がなされたのは極めて遺憾なことだと思っていますので、安全保障というものを理由とした広範な貿易制限ということについては、これはアメリカに限らず、アジアとか、世界の鉄鋼、アルミ市場というのを混乱させると思います。同盟関係にあります日米関係等は、その協力関係、また同盟関係、また多角的な貿易体制等、全体的に見て世界の経済に大きな影響を、鉄鋼というのは基本材ですから、影響を及ぼしかねないと思います。日本からの鉄鋼やアルミの輸入というのが米国の安全保障に悪影響を与えるということはなくて、むしろ高品質の日本製品というのはアメリカの産業や雇用にも非常に大きく貢献しているのだと我々は常日頃から思っていますから、決定の内容とか日本企業への影響というのは十分に精査をさせてもらった上で、WTOの枠組みの中で必要な対応をしていくということで、対象からの除外というものを改めて日本としては働きかけていき続けなければいけないところだと思っています。これは今、経産省がやっていますので、そちらの話が主たる話になると思いますけれども。

問)

アメリカのトランプ大統領が5月までに金正恩労働党委員長と会談する意向を示したというふうに韓国の特使から発表がありました。この点について受け止め、まだ実際に会談が実現するかどうかも未定だとは思いますけれども、受け止めをお願いいたします。

答)

それは外務省に聞いた方がいい話です。ペンス米副大統領の話ならまだ答えてもいいけれども。アメリカ大統領がやると言ったのではなくて、文在寅韓国大統領が言っただけの話でしょう。あなたのところは、それは裏がとれたのですか。

問)

そういう意向だという発表を韓国の特使の方がされていたということで。

答)

韓国の希望だけかもしれませんから、わからないです、それは。

問)

森友文書について、先程いつ詳細を言えるかわからないという話でしたけれども、まず国民の関心事として書き換えがあったのか、なかったのかが一番最大の関心事だと思うのですが、詳細は置いておいて先にそういったことを発表される予定というのはあるのでしょうか。

答)

ありません。捜査に影響を与える、与えないというのが私共の基準ですから。

問)

そういったお考えはないということで。

答)

捜査に影響を与えないということになるのであればということを申し上げております。

問)

捜査に影響を与えないならそういう可能性もあるということですか。

答)

影響を与えないというのであれば。その質問、何度もしてませんか、あなた。

問)

いや、だって日々流れているわけですから時間。

答)

答えが出ていないだけのことです。捜査の答えが出ていない。捜査は終結したのですか。

問)

それは私はわかりません。

答)

じゃあ同じです。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る