麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣臨時閣議後記者会見の概要

(平成30年6月15日(金)18時11分~18時16分)

【冒頭発言】

先程の閣議で、「経済財政運営と改革の基本方針2018」、通称骨太方針2018を決定いたしております。骨太方針2018に含まれる新たな「経済・財政再生計画」において、財政健全化目標として、2025年度の国・地方を合わせたプライマリーバランス黒字化を目指す、同時に債務残高対GDP比の安定的な引下げを目指すことを堅持する、ということが掲げられております。
また、目標達成に向けて、2019年度から2021年度の3年間について、社会保障関係費については、高齢化による増加分に相当する伸びにおさめる、非社会保障関係費については、これまでの歳出改革の取組を継続する、地方の歳出については、一般財源の総額について、2018年度と実質的に同水準を確保する、といった歳出改革の方針が示されております。
更に、社会保障をはじめとする各歳出分野については、改革の具体的な内容また工程が示されることになりました。いわゆる後がないというような危機感の下で計画に沿った歳出改革等に、これは真摯に取り組むということで、2025年度のプライマリーバランスの黒字化達成を確かなものにしてまいらなければならんということだと思っております。

【質疑応答】

 
問)

今回の骨太の方針では社会保障費の伸びについて、具体的な抑制額が盛り込まれませんでした。財政規律が緩んでいるという声についてどうお考えでしょうか。

答)

あなた自身があれを読んだ上での質問ですか。

問)

はい、そうです。

答)

それで今こんな質問しているのですか。それとも上の人から言われて、その質問を言わされているのですか、どちらですか。

問)

読みました。

答)

読んだ、その上で自分で考えた質問ですね。

問)

はい。

答)

よく読んでみてください。社会保障関係費について具体的な数字が示されていないということですが、よく読んでもらえば分かると思うのですけど、高齢化による増加分に相当する伸びにおさめるという前回の計画と同一の方針が堅持されているというのは分かりますよね、そこのところは。それで算定方法について、ちょっと長くなりますけど、これは骨太方針の2018において、高齢化による増加分について記述がそこにありますから、それを帰ってよく読んでください。ページ数も聞けば分かりますから、それをもう一回読んで、その上で分からなかったらもう一回答えます。
給付と負担の見直しとか公的保険の範囲の見直しに関する内容も含めて、新たな改革検討項目を盛り込む等、前回と実質的に同様の財政規律を維持しつつ、歳出改革を加速・拡大する推進力となると私共としては考えております。
重要なことは数字が書いてあるとかないとかいう話ではなくて、新しい歳出改革の方針に沿って、これまでの歳出改革の取組というものを後退させるのではなくて、引き続き財政健全化に向けてしっかりと取り組んでいくことだと思っています。

問)

決裁文書の改ざん問題の不祥事で財務省の発言力が低下して財政再建に影響が出るというような声もありますが、大臣のお考えをお聞かせください。

答)

御指摘の不祥事が起きたということは、これは事実でして甚だ残念なことだと思っておりまして、遺憾なことだと思っておりますが、これによって影響力が減ったというようなことはないと思います。

問)

トランプ大統領の一昨日の記者会見で、様々な関連費用を日韓が払ってくれるだろうみたいに発言されていますが、大臣の受止めをお願いします。

答)

おもしろかったですね。あれを見ておもしろいと思っていないって人はほとんどいないね、あれ。あそこは一番、おもしろかったですよね。ほうと思って。何て表現だと思いながらあれを聞いてはいましたけど、ちょっとこういうところで説明出来るような話ではないから。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
アクセスFSA(金融庁広報誌)
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査・監督基本方針関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
金融検査マニュアル関係
アクセスFSA(金融庁広報誌)ページ一覧を開きます
平成30事務年度(第180号~第191号)
平成29事務年度(第169号~第179号)
平成28事務年度(第157号~第168号)
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る