麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要

(平成30年6月22日(金)9時20分~9時24分)

【質疑応答】

 
問)

財務省の決裁文書の改ざんに関してですけれども、先日会計検査院が再検査の中間報告を国会に提出しまして、その中で財務省の行為に関しまして会計検査院法の違反に当たるという認定をされました。まずそのことに関しまして大臣の御所見をお伺いします。

答)

これは決裁文書の改ざんが明らかになったので、今年3月以降、昨年11月に提出した報告書の記述について検討ということで、この間の6月19日にその検討内容を中間的に報告したものだと承知しているのですが、その中で会計検査院から検査の過程で改ざんした決裁文書等を提出した行為は会計検査院法の規定に違反すると認識を示されております。従いまして財務省は先般、6月4日に公表した調査報告書にも記載していますように会計検査院による会計検査に対して廃棄されず残された応接録の存在を明かさなかったり、改ざん後の決裁文書を提出したということで不適切な対応であったと考えておりますので、会計検査院の検査に対してはその点に沿って引き続き協力をしていきたいと思っています。

問)

今週月曜日に起きました大阪北部地震に関しまして、現時点で財務省としての対応をどのように考えられているかお願いします。

答)

総額が決まったのでしょうか。

問)

いや、まだ決まっていません。

答)

決まっていないのでしょう。だったら今、財務省としてそれとして、総額が決まって各省庁、総額が全部決まった段階で我々のところに来ますので、総額が来る前にこっちが何かするこということはありません。

問)

EUが22日から米国のウイスキーとかオートバイを柱に報復関税をしますけれども、これについての見解というか、世界経済への影響みたいなものをどう考えていらっしゃるのか。

答)

EUとアメリカの話を私がコメントする必要はない。

問)

これでEUが報復関税することによって米国は自動車とかを検討してくると思うのですけれども、そうすると後々日本にも影響が出かねないという状況だと思うのですが。

答)

出かねないのはわかるけれども、どこがどうなるかまだはっきりしていない段階で何とも言えません、それは。

問)

アメリカの鉄鋼の追加関税のことについてお伺いします。昨日、一部除外が認められたという発表がありましたけれども、現状数量とは分かっていませんが、現状日本がそれによって追加関税を免れる数量とかはわかりませんが、今後日本が対抗措置を検討していくに当たって影響があるのかどうかお伺いさせてください。

答)

あれはまとめて役所に言ってきているわけではなくて個別の企業に言っているでしょう。そういう状況になっていますから、全体として例えば何が外れているかといったら特殊鋼とかベアリングとか、そういったようなものが個別に外れているのです、あれは確か。そういったところによって日本の企業がということで、個別になっていますから、ちょっと全体像が見えていないので、どういう形になるかわかりませんから、それによってどういうものが外れるか、外れないのか、よくわからない段階で答えのしようがありません。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る