英語版はこちら新しいウィンドウで開きます

麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要

(平成30年12月4日(火)11時15分~11時19分)

【質疑応答】

 
問)

アルゼンチンで開かれたG20サミットの首脳宣言で「保護主義と引き続き戦う」という文言が盛り込まれませんでしたが、この結果について改めて見解をお願いいたします。

答)

ハンブルク宣言の中に入ってたあの話か。保護主義との戦いという言葉がハンブルク宣言の中には入っていたのが今回は入っていないのがいかがか、という質問ですか。確かにそれはそうかもしれませんけれども、今回の中でハンブルク宣言の中に入っていなかった「WTO改革を支持」とか、また、「多角的貿易体制が果たしてきた貢献を認識する」とか、というような文言は新しく入っているのではなかったかな、あれは確か。そこは読んでいるのか。それだったら別に、それを両方入れなくてはいけないということもないだろうし、別に各国の首脳が率直な意見交換を行った上で首脳宣言が出されたということは価値があるのではないのですかねと思っていますけれども。

問)

では大臣としては貿易をめぐる合意形成が以前よりも難しくなったとか、そういう認識ではないということでしょうか。

答)

毎回難しいですよ。

問)

官民ファンドである産業革新投資機構の役員報酬をめぐって経産省と機構側で対立しています。年間5,500万円に加えて長期の業績連動という内容ですけれども、官民ファンドの役員報酬として適切というふうにお考えでしょうか。

答)

経産省の所管じゃないの、これ。経産省の所管の話に関して俺が何か聞けというの。特にありません。経産省の話だと思いますので。少なくとも経済産業省において判断されたものだと思いますので、私共のところに別に相談があったわけではありませんから。

問)

日産の事件に関連してゴーンさんと一緒に逮捕されたケリーさんという代表取締役が、報道によるとで恐縮なのですが、自分が書いた給与に関する書類について金融庁からこの書き方でいいという許可を取っていると、そういう供述をしているというのですけれども、大臣として何か確認をされていることがおありになりますでしょうか。

答)

少なくともそういう報道が、おたくで出したかどうか知らないけれども、報道があったということは知っていますけれども、少なくとも個別の会社の話ですので私共としてコメントすることはありません。

問)

何か確認されたかどうかについても。

答)

コメントすることは差し控えたいと今申し上げましたところです。

問)

金融庁関係でご質問します。スルガ銀行が11月30日に業務改善計画を提出しましたが、その内容についての評価と受け止めをお願いします。

答)

業務改善命令に対する改善計画の提出があったのは11月30日だったと思いますが、あの改善計画が今後迅速かつ的確に行われていくということで、いわゆるガバナンスというものが強化されるということになれば、それは誠にいいことなので、大いに期待しているところなので、適切に実行されていくようにするように金融庁としては、通常どおりですけれども、しっかりモニタリングをしていくということだと思います。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る