英語版はこちら新しいウィンドウで開きます

麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要

(平成31年2月12日(火)8時40分~8時44分)

【冒頭発言】

今日、金融機能の早期健全化のための緊急措置に関する法律の一部を改正する法律案を閣議決定しております。この法律案は会計検査院の意見表示、また参議院・衆議院の議決などにおいて預金保険機構の早期健全化勘定の利益剰余金について、適時の国庫納付、預金保険機構の財務の健全性維持のための活用が求められていることから、これに対応するための制度整備を行うものですので、早期の審議をお願いしたいと考えております。

【質疑応答】

 
問)

今国会で話題になっている毎月勤労統計の不正に関する追加給付の関係ですけれども、不正給付の追加給付に関して事務費を特別会計から出すことについては、大臣は国会答弁等で全く関係ない一般の人から一般会計で出すということについて否定的なお考えを示されていると理解していますけれども、一方で特別会計というのは労使の拠出金、保険運用が中心の会計ですので、不利益を被った方から本来不必要な事務費200億円近くを拠出することについては批判もありますけれども、こうした予算を組んだ理由を説明お願いします。

答)

追加給付に関する事務費の財源については、複数年度をかけて労働保険特別会計における既定の事務費の削減、また具体的に言えば、例えば優先度の低いシステム改修費というものを削減するとか、合理化によって人件費を削減するとかなどによって確保していくことにしていますので、今言ったご指摘とは少し違うと思いますね。したがってこうした取組によって被保険者の負担に対する保険料が将来的に上昇するということにはつながらないようにしてまいりたいと考えております。

問)

米中協議、今マーケットで楽観論がまた出てきているのですけれども、大臣としての見方と日米の通商交渉への影響があるかないか、御所見をお願いします。

答)

第三国同士の話ですから、それについて発言することはありませんけれども、GDPで世界の1番と2番という、米中というものがいろいろな意思疎通を行って建設的な話をするということに関しては、少なくともアジアの話ではなくて世界全体にとっても非常に重要なことになりますので、円満にいくように我々としては事態の推移を見ているところですけれども、少なくとも会うとか会わないとか言ったりしたら途端に下がったものがちょっと上がってみたり、よく言う景気の気の部分で何となくマーケットが動いているというのは、やたら激しく上がったり下がったりするということはあまり望ましいことではありませんから。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る