英語版はこちら新しいウィンドウで開きます

麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要

(平成31年2月19日(火)8時41分~8時44分)

【質疑応答】

 
問)

先週の未来投資会議で総理の方から金融担当大臣に指示があったと思うのですけれども、金融法制の見直しの関係です。現在、業態別に法体系が構築されていると思いますが、その問題点といいますか、そういった現状認識と今後の見直しに当たってどういう点に留意しつつ取り組むのか、法改正の提出時期も含めてお願いします。

答)

金融法制というのは基本的に業態別になっていますから、特に決済分野ではこのところ支払いのサービスというものの多様性がえらい増えてきていますので、柔軟なサービス提供の障害になっているのだという声が前からあるところです。こうしたことから業態別の法体系を機能・リスクに応じて、機能別・横断的な法体系に見直していくということが重要なのだと思っております。決済分野ですけれども、まず銀行と現行の資金移動業の間に新たな類型の創設で1回100万円を超える送金、今100万円まではできますから100万円を超える送金、また、スマートフォンでの少額を中心とした前払いのプリペイドとか後払いのポストペイとかというものを組み合わせたシームレスで便利な支払い方法を実現する法制の整備などの機能別・横断的な法制について、現在金融審議会において既に検討を行っているところです。いつまでか、まあ、なるべく早いところやらないといけないのだけれども、この夏までには取りまとめて、その後に臨時国会か通常国会か、なるべく早めに出したいとは思っていますけれども、今までとなかなか違う話ですから結構大変な作業だとは思いますけれどもね。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る