英語版はこちら新しいウィンドウで開きます

麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要

(令和元年10月11日(金)8時37分~8時40分)

【質疑応答】

問)

国際課税についてOECDが先日新ルール案を公表されました。来年1月の大枠合意に向けて日本政府としてどのようなスタンスで協議に臨まれるか、また日本の産業界や税収に対しての影響の見通しについてお聞かせください。

答)

デジタル化への対応については一昨日にOECDの事務局が1つ目の柱である国際課税原則の見直しにかかる提案を公表したところなのですが、来週G20の財務大臣・中央銀行総裁会議において議論させていただく予定なので、日本としては来年、2020年末までに合意ができるように引き続きこの議論をやっていかなければいけないところだと思っています。日本の産業界とか税収とかいろいろな影響については現在、解決案というのかな、いろいろ国によって違いますので、その解決策の枠組み次第ということになるのですが、予断を持ってどのような方向へ行く等、言える段階ではないというところですかね。

問)

金融庁が税制改正要望で求めているNISAの恒久化についてです。先日、つみたてNISAの投資可能期限2037年というのを延長し、開始時期にかかわらず20年間の積立期間を確保する方向で調整に入ったという報道がございました。現段階でのつみたてNISAをはじめ、NISAの恒久化の必要性について大臣のお考えをお聞かせいただけないでしょうか。

答)

この制度の恒久化、期限の延長という話は、制度開始から2年経った後になると積立期間が18年になる。また経つと16年になるという話ですよね。この話は税制改正プロセスの中で事務方が議論をやっている最中なので、今のこの段階で大臣としてのコメントというのは差し控えたいですな。

問)

毎度の確認で恐縮なのですけれども、来週靖国神社の秋季例大祭がありまして、大臣、参拝されるご予定があるかどうか教えていただけますでしょうか。

答)

いつものとおりです。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
アクセスFSA(金融庁広報誌)
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査・監督基本方針関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
金融検査マニュアル関係
アクセスFSA(金融庁広報誌)ページ一覧を開きます
平成30事務年度(第180号~第191号)
平成29事務年度(第169号~第179号)
平成28事務年度(第157号~第168号)
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る