英語版はこちら新しいウィンドウで開きます

麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要

(令和2年1月21日(火)11時38分~11時45分)

【質疑応答】

 
問)

政府が保有する日本郵政株の追加売却に関するご所見を伺いたいと思います。日本郵政の株価は昨年のかんぽ生命保険の不適正販売問題の発覚以降低迷が続いています。こうした中で増田新社長は成長戦略を示すより、まず信頼回復を急ぐ考えを記者会見で強調されておりました。また、先日17日の郵政民営化委員会の岩田委員長の会見では、国民の信頼回復なしには売却は難しいのではないかという認識を示しながら郵政民営化法に基づいてできるだけ早期に売却することが望ましいともおっしゃっております。復興財源としての日本郵政株売却の必要性とか来年度の売却の可能性について大臣のご所見をお伺いしたいと思います。

答)

ご存じだと思うのですけれども郵政民営化法という法律がありまして、既に2回これまで売却をしておりますので、1.4兆円、2回売りましたので2.8兆円、総額4兆円ということになっていましたので、残り1.2兆円ということになっているのだと思います。この売却収入というので復興財源確保法に基づいて令和でいえば4年、2022年度までの売却収入ということになっていますので、あと2~3年ありますので、それまでの間に株というものを何らかの形で売却をして、それを復興財源に充てるということになっていますけれども、株が高いときを考えて売却をするということになるのだと思いますが、いずれにしてもこれは株式の動向とかそういったものを見ながら考えて、経営の状況も増田さん、新しくなられていますので、そういった方々、今からいろいろやっていかれるのだと思いますので、よくよくそういったものを注視しつつ検討したいということですね。

問)

先週、高市総務大臣が会見の中でマイナンバーと金融機関の預貯金口座のひもづけを義務化する方向で財務省と金融庁に検討をお願いしたということをおっしゃっているのですけれども、制度導入から3年以内には見直しもするというような話になっていたかとは思いますが、このあたりどういうふうなご意見をお持ちか、教えていただけますでしょうか。

答)

マイナンバーの付番については、私が総務大臣のときにこのアイデアを考えたのですからもう10何年経って、普及しないじゃない。持っていても、大事にしてくださいなんて言われているからみんなしまっているわけよ。使ってと何で言わないのというと、大事なものですからと。身分証明書になるからというので、運転免許を返納した高齢者の方々にはえらく使われたものだと思いますよ。そのほかで使って利便性があったものはあるかね。見せてくださいと言われたことがある人、ほとんどないと思うね。だから使えないのですよ。これだけやっていって、結果的に数パーセントしか普及しなかったので、もっといろいろなものを使えるようにしたらどうかと言ったら、それは個人情報保護がどうたらと書いたわけよね。それで普及しないようにしてしまったのだから。せっかくこういったものをやると、これ1枚で何でも使えるようにすれば非常に利便性は高くなるということで、私なんかに言わせたら金融機関の口座でも、口座を開設されるときにはぜひマイナンバーカードの提供を求めるようにしたらどうですかとか、いろいろなことをやらせていただいていますけれども、こういったものはもうちょっといろいろ使えるように、使いやすくしてという話ももちろんだけれども、利便ですよ、カードの代わりに使えるとか、保険証の代わりに使えるとか、例えば住民登録はこれをやればどこでもできますとか。今そういったITの技術が普及していますからいろいろなものに使えるのだと思いますので、ぜひ今後ともこういったものが積極的に使われるような方向で我々も前々から申し上げておりますので、協力させていただければなと思っていますけれどもね。

問)

つまり預貯金口座とのひもづけは義務化した方がいいのではないかということでしょうか。

答)

前からそう言っています。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
アクセスFSA(金融庁広報誌)
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査・監督基本方針関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
金融検査マニュアル関係
アクセスFSA(金融庁広報誌)ページ一覧を開きます
平成30事務年度(第180号~第191号)
平成29事務年度(第169号~第179号)
平成28事務年度(第157号~第168号)
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る