> 金融安定理事会によるプレス・リリース「IFRS財団及び当局に対し、TCFD提言を気候関連財務リスクの開示の基礎として用いることを推奨」の公表について

令和2年12月25日
金融庁

金融安定理事会によるプレス・リリース「IFRS財団及び当局に対し、TCFD提言を気候関連財務リスクの開示の基礎として用いることを推奨」の公表について

金融安定理事会(FSB)は、12月22日、「IFRS財団及び当局に対し、TCFD提言を気候関連財務リスクの開示の基礎として用いることを推奨」(原題:FSB encourages the IFRS Foundation and authorities to use TCFD's recommendations as the basis for climate-related financial risk disclosures)と題するプレス・リリースを公表しました。

また、FSBは、IFRS財団による「サステナビリティ報告に関する市中協議文書」(原題:Consultation Paper on Sustainability Reporting)に対して提出したコメントレターも合わせて公表しています。

詳細につきましては、以下をご覧ください。

  • プレス・リリース(PDF原文新しいウィンドウで開きます<金融安定理事会ウェブサイトにリンク>)(PDF仮訳
  • IFRS財団による市中協議文書へのコメントレター(PDF原文新しいウィンドウで開きます<金融安定理事会ウェブサイトにリンク>) 
 

関連サイト:金融安定理事会ウェブサイト(http://www.fsb.org/新しいウィンドウで開きます

お問い合わせ先

総合政策局総務課国際室

03-3506-6000(代表)(内線2550)

サイトマップ

ページの先頭に戻る