平成19年3月26日
金融庁

個人保証に過度に依存しない融資の推進にかかる要請について
(再チャレンジ支援策)

国民ひとりひとりがその能力や持ち味を十分発揮し、努力が報われる公正な社会を構築していくことは、国政の重要な課題であるとの認識のもと、平成18年3月29日、内閣に「多様な機会のある社会」推進会議(再チャレンジ推進会議)新しいウィンドウで開きますが設置されました。同年12月25日には、必要な施策の実効性・効率性を高めるため、第7回再チャレンジ推進会議において「再チャレンジ支援総合プラン」が決定、翌26日の関係閣僚会合で同プランが了承され、再チャレンジ支援を一体的かつ総合的に推進することとされました。

このことを受け、本日、金融庁は、「再チャレンジ支援総合プラン」に盛り込まれた施策を実施するため、以下の内容について各業界団体および各金融機関に要請文を発出しました。

〔要請の内容〕

  • 1.  業界団体に対し、個人保証に過度に依存しない融資の取組状況についてアンケートを実施・公表するよう要請

    各業界団体に対し、傘下金融機関における個人保証に過度に依存しない融資の取組状況にかかるアンケートを実施し、公表することを要請しました。

    アンケートの実施項目は、以下に示す各融資手法について、期末残高、その純合計および各金融機関における特徴的な取組事例等としています。

    • (1)動産・債権譲渡担保融資(ABLを含む)

    • (2)知的財産担保融資

    • (3)コベナンツを活用した融資

    • (4)スコアリングモデルを活用した融資

  • 2.  金融機関に対し、個人保証に過度に依存しない融資の取組状況を公表するよう要請

    各金融機関における個人保証に過度に依存しない融資の取組状況(例えば、動産・債権譲渡担保融資(ABLを含む)、知的財産担保融資、コベナンツを活用した融資、スコアリングモデルを活用した融資についての決算期末残高、年間実績、特徴的な取組事例等)を適切に情報開示するよう要請しました。

    (参考)PDF「個人保証に過度に依存しない融資の推進(再チャレンジ関連)」(PDF:132KB)

なお、再チャレンジ支援策については以下をご参照ください。

○ 再チャレンジ支援総合プラン( PDF概要新しいウィンドウで開きます  PDF本文新しいウィンドウで開きます  個別行動計画新しいウィンドウで開きます )

お問い合わせ先

金融庁 Tel:03-3506-6000(代表)
監督局総務課(内線3402、3311)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る