平成19年11月8日
金融庁

泉州電業株式会社の株券に係る内部者取引に対する課徴金納付命令の決定について

金融庁は、証券取引等監視委員会から、泉州電業(株)の株券に係る内部者取引の調査結果に基づく課徴金納付命令の勧告新しいウィンドウで開きますを受け、平成19年10月19日に審判手続開始の決定を行ったところ、被審人から課徴金に係る金融商品取引法(以下「法」という。)第178条第1項各号に掲げる事実及び納付すべき課徴金の額を認める旨の答弁書の提出があり、これを受けた審判官から法第185条の6の規定に基づき、課徴金の納付を命ずる旨の決定案が提出されたことから、本日、以下のとおり決定を行った。

1 決定の内容

納付すべき課徴金の額及び納付期限

(a) 被審人A 金4万円   平成20年1月9日(水)

(b) 被審人B 金58万円  平成20年1月9日(水)

2 事実及び理由

  • (1)課徴金に係る法第178条第1項各号に掲げる事実

    • (a)被審人Aは、泉州電業(株)の社員であったが、同社が転換社債型新株予約権付社債を引き受ける者の募集を行うことを決定した事実をその職務に関し知り、当該事実が公表される平成18年11月9日以前の同月6日に、株券200株を54万円で売り付けたものである。

    • (b)被審人Bは、泉州電業(株)の社員であったが、同社が転換社債型新株予約権付社債を引き受ける者の募集を行うことを決定した事実をその職務に関し知り、当該事実が公表される平成18年11月9日以前の同年9月5日に、株券合計1,000株を総額306万6,000円で売り付けたものである。

  • (2)課徴金の計算の基礎

    内部者取引の場合の課徴金の額は、法第175条第1項に基づき、

    (売付け価格) × (売付け株数)    
    (重要事実が公表された翌日の終値) × (売付け株数)

    で算出される。

    本件においては、各被審人は当該事実が公表される前に、被審人Aは株券200株を54万円で、被審人Bは株券合計1,000株を総額306万6,000円で売り付けており、重要事実の公表翌日(平成18年11月10日)の泉州電業(株)の株価の終値は、2,480円であることから、課徴金額は次のとおりとなる。

    • (a)被審人A

      (2,700円×200株)-(2,480円×200株)=44,000円

      また、課徴金額は1万円未満の端数を切り捨てるため、4万円となる。

    • (b)被審人B

      (3,080円×300株+3,070円×100株+3,060円×500株+3,050円×100株)
      -(2,480円×1,000株)=586,000円

      また、課徴金額は1万円未満の端数を切り捨てるため、58万円となる。

お問い合わせ先

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)
総務企画局総務課審判手続室(内線2404)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る