平成25年11月14日
金融庁

「金融リテラシー(知識・判断力)を身に付けるためのシンポジウム」の開催(大阪)について

国民一人一人が社会人として経済的に自立し、より良い暮らしを送っていくためには、「家計管理」や「生活設計」の習慣化が重要であり、金融商品を適切に利用選択する知識・判断力を身に付けるため、金融庁と近畿財務局では、シンポジウムを共同で開催します。

開催日時・会場

平成25年12月17日(火) 13時30分~16時10分(開場12時45分)

大阪国際交流センター 2階大会議室さくら

(大阪市天王寺区上本町8-2-6)

主催

金融庁、近畿財務局

後援

内閣府、消費者庁、文部科学省、金融広報中央委員会、大阪府、大阪市、大阪府金融広報委員会

プログラム(予定)

12時45分 開場・受付
13時30分 開会挨拶 (近畿財務局理財部長 大塚 雅良)
13時35分 基調講演
古徳 佳枝 (金融経済インストラクター、東京家政学院大学講師)
「NISAについて」
14時25分 休憩
14時40分 基調講演
神戸 孝 (FPアソシエイツ&コンサルティング株式会社代表取締役)
「金融経済教育の重要性について」
15時30分 説明
(金融広報中央委員会事務局)
15時50分 説明
「投資詐欺にあわないための注意点について」
(近畿財務局理財部金融監督官 樽川 流)
16時10分 閉会

定員  150名

応募要領

地域の住民の方々が、金融リテラシー(知識・判断力)を身に付けるためにも、多くの方の参加を募っております(参加費無料)。

申込みにあたっては、下記事務局において、平成25年12月10日(火)まで、参加申込用ホームページ、はがき、FAXにより受付をします。はがきの場合は、ご氏名(ふりがな)、ご住所、電話番号を必ずご記入の上、【参加申込み先】までお送りください。FAXの場合は、「申込書」(PDF募集チラシ(PDF:685KB)2ページ目)に必要事項をご記入の上、送信願います。

席に限りがありますので、申込み期限内であっても、定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。あらかじめご了承ください。

【参加申込み先】

〒532-0011
大阪市淀川区西中島6-2-3
チサン第7新大阪926 ACE(株)内
金融リテラシーを身に付けるシンポジウム運営事務局

TEL:06-6885-7227
FAX:06-6885-7272
E-mail:shinpo@ace10.jp
ホームページ:http://www.kinyu-ace.com新しいウィンドウで開きます

参加申し込みに関する問い合わせ先

ACE(株)内
金融リテラシーを身に付けるシンポジウム運営事務局
TEL:06-6885-7227

その他

会場には記者席を設けております。

お問い合わせ先

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)

総務企画局政策課

(内線2793)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
アクセスFSA(金融庁広報誌)
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査・監督基本方針関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
金融検査マニュアル関係
アクセスFSA(金融庁広報誌)ページ一覧を開きます
平成30事務年度(第180号~第191号)
平成29事務年度(第169号~第179号)
平成28事務年度(第157号~第168号)
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る