平成29年3月31日
金融庁

 

「監査法人の組織的な運営に関する原則」
(監査法人のガバナンス・コード)の確定について

 

 

「監査法人のガバナンス・コードに関する有識者検討会」(座長 関 哲夫 みずほフィナンシャルグループ取締役)では、平成28年7月より、標記コード案の策定に向けて議論を行ってきました。
 
この間、パブリックコメント案を策定・公表し、昨年12月15日(木)から本年1月31日(火)までの間、広く意見の募集を行いました。
 
その結果、18の個人及び団体から御意見をいただきました。御意見をお寄せいただいた皆様には、御礼を申し上げます。
 
寄せられた具体的な論点に関する御意見の概要及びそれに対する回答は、PDFのアイコン画像です。(別紙1)を御覧ください。
 
これらの御意見も踏まえた結果、「監査法人の組織的な運営に関する原則」(監査法人のガバナンス・コード)が、PDFのアイコン画像です。(別紙2)のとおり、最終的に取りまとめられましたので、公表します。また、コード英文についても、PDFのアイコン画像です。(別紙3)のとおり公表します。
 
上記を受け、金融庁では、コードを採用した監査法人及びコードを採用した監査法人が公表するコードの適用状況をPDFのアイコン画像です。(別紙4)のとおり、一覧として公表します。
 
※コードを採用する監査法人は、監査法人名、ご担当者氏名(部署、役職)、連絡先(住所、電話番号及びメールアドレス)を明記することに加え、コードの適用状況をウェブサイトで公表している場合には、当該ウェブサイトのアドレスを、auditfirmgc@fsa.go.jpまでご連絡ください。
 
 
(別紙1)PDFのアイコン画像です。主なパブリックコメントの概要及びそれに対する回答
(別紙2)PDFのアイコン画像です。「監査法人の組織的な運営に関する原則」(監査法人のガバナンス・コード)(和文)
(別紙3)PDFのアイコン画像です。「監査法人の組織的な運営に関する原則」(監査法人のガバナンス・コード)(英文)
(別紙4)PDFのアイコン画像です。コード採用監査法人及びその適用状況について(令和元年7月1日現在)

お問い合わせ先

企画市場局企業開示課開示業務室

03-3506-6000(代表)(内線2768、2763)

サイトマップ

ページの先頭に戻る