English新しいウィンドウで開きます

平成30年3月19日
金融庁

ブロックチェーン・ラウンドテーブル
(ブロックチェーン国際共同研究)


 金融庁は、平成30年3月8日、9日の2日間にかけて、国内外の金融当局及び中央銀行(英・金融行為規制機構、シンガポール金融管理局、オーストラリア証券投資委員会、アブダビグローバルマーケット・金融サービス規制庁、フランス・健全性監督破綻処理機構、香港金融管理局、日本銀行、カナダ銀行)、国内外の学会関係者(MITメディアラボ、東京大学、慶応大学)等のメンバーからなる「ブロックチェーン・ラウンドテーブル」を開催しました。
 本会合は、ブロックチェーン国際共同研究の一環として開催しております。このブロックチェーンに関する国際共同研究は、未来投資戦略2017及び平成29事務年度金融行政方針において推進すべき施策として掲げられており、今後、ブロックチェーン分野における国際的な研究を主導していくことを目指しているものです。
 
概要
● ブロックチェーン技術を含む技術革新の動きが金融業のあり方に変革をもたらす可能性があると指摘されている
  ところです。
● 金融安定理事会などの金融規制の基準設定主体においても、ブロックチェーン等による革新技術に関して、新た
  な技術が与える金融取引への影響やリスクについて研究・調査していく方針が示されています。
● こうした中、金融庁は、他の金融当局等と連携し、ブロックチェーンに関する知見を共有するためのプラットフ
  ォームとして「ブロックチェーン・ラウンドテーブル」を立ち上げました。
● また、金融庁は、現在、パブリック型ブロックチェーンの脆弱性やセキュリティが及ぼす影響について、技術
  的な観点から研究を行っており、この会合においても、ブロックチェーンに関する特有の技術リスクやブロック
  チェーンがもたらす新たな機会に焦点を当て議論を行いました。
  ※中央管理者が存在せず、ネットワークへの参加が自由である等の特徴を有するブロックチェーン。


日時・場所
平成30年3月8日(木)、9日(金)・金融庁

議事内容
3月8日(木)〔1日目〕
・ 規制当局と学会関係者との連携
・ パブリック型ブロックチェーンの脆弱性
・ ブロックチェーンによるイノベーションとその責任ある利用者保護について
・ 各国のブロックチェーンに関する取組みについて

3月9日(金)〔2日目〕
・ ブロックチェーンの将来的な適用の可能性
・ 国際標準化機構(ISO)によるブロックチェーンの国際標準化の動き
・ ブロックチェーンの利用に関する技術的課題
・ ブロックチェーンの実証実験・活用事例
 
 以下のプレスリリース(英語)を公表しております。
プレスリリース(英語)新しいウィンドウで開きます
 
(以上)



 
お問い合わせ先

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)

総務企画局企画課信用制度参事官室(内線3596)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る