English新しいウィンドウで開きます
令和元年6月21日
金融庁

「システム統合・更改に関するモニタリングレポート」の公表について

金融庁は、「システム統合・更改に関するモニタリングレポート」を別紙のとおり取りまとめましたので、公表します。

 金融機関の業務プロセスでITの利活用が進展する中、複数の金融機関が関与するシステム統合や基幹システムの抜本的な見直しによるシステム更改は、金融機関の経営を左右する重要な課題となっていることに加え、大規模かつ非常に難易度が高いプロジェクトになっています。

  金融庁では、問題が生じやすい点について金融機関に気付きを促し、自主的な改善に繋がるようにモニタリングしてきましたが、複数の金融機関において陥りやすい課題事例が認められました。

  こうした状況を踏まえ、金融機関がほとんど経験することがない大規模かつ複雑なシステム統合・更改に取組んでいく上で、陥りやすいと認められた課題事例(業態、課題事項、原因、対策)が参考になると考え、この度、取りまとめて公表することにいたしました。

  各金融機関においては、「システム統合リスク管理態勢の確認検査用チェックリスト」に代って存続することとした「金融機関のITガバナンスに関する対話のための論点・プラクティスの整理」(別冊)「システム統合リスク管理態勢に関する考え方・着眼点(詳細編)」(令和元年6月21日公表)や本文書を活用し、金融システムの安定化や利用者保護の観点からシステム統合リスク管理態勢の整備や高度化に向けた創意・工夫を積み重ねることが期待されます。

 (別紙)PDF「システム統合・更改に関するモニタリングレポート」

お問い合わせ先

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)

総合政策局リスク分析総括課(内線2213)

サイトマップ

ページの先頭に戻る